点滴の種類を間違えた? 脱水症状で入院した新生児の腕が切断される事態に(南ア)

拡大画像を見る

南アフリカの首都プレトリアから73キロほど南東にあるデルマスという農村地域に住む夫妻は、我が子に起こった恐ろしい出来事で悲しみに暮れている。その子の名前はルワンドル君、3月9日に誕生したばかりの健康な男児だった。

しかし3月30日、下痢による脱水症状でバーニス・サムエル病院に入院してから事態は急変する。入院したその夜、母親ムバリ・スウェレニさん(20)が授乳のためルワンドル君に会いに病室へ行くと、右腕に包帯が巻かれていることに気づいた。包帯や床には血がついており、傷は深いようだった。息子の状況に驚いたムバリさんが看護師に事情を聞くと、点滴を抜いた時のものだと言われた。そして翌日、再び病院を訪れたムバリさんはさらに驚愕した。ルワンドル君の手は腫れており、緑がかった黒っぽい色に変わっていたのだ。また手首の周りに水ぶくれもできており、傷口は腐敗が進行していた。

そのことを知った病院スタッフは、合併症を引き起こしていると、すぐにヴィッツバンク病院へ搬送されることとなった。ムバリさんはそこの医師から「ルワンドル君の腕が感染症を起こしているので、切断しなければならない」と告げられた。何の感染症なのか、どうやって感染症になったのか知らされぬまま病院の書類にサインをし、ルワンドル君の右腕は切断されてしまった。

ムバリさん一家は、絶大な信頼を寄せていた病院で我が子の腕が切断されたことに深い悲しみに暮れた。しかも最初の病院で、今回の件に関して何の説明もないことへの憤りを感じている。ムバリさんたちは、病院は間違った点滴を刺したのではないか、そしてそのことに気づいた病院スタッフがすぐに点滴を抜き、知らないふりをしているのではないかと病院の怠慢を疑っているようだ。

「疑問がたくさんあるのに、解決できないことで感情的、悲観的になっているが、母親として強くならないといけない、息子のために全力で戦う」と、ムバリさんは涙ながらに語っている。またルワンドル君の父親は、自分の稼ぎが少ないため社会保障が払えないことを悲嘆しており、「社会保障に加入していれば私立の病院で診てもらえて、息子の腕は切断されなかったかもしれない」と悔やんだ。このことを知った地域住民たちは、この病院への怠慢を訴えながら、病院まで歩く抗議活動を行った。

今回の件を知った州知事と保健省の代表者はムバリさん宅を訪れ、関係者の処分を即刻行うと約束した。州知事はこの件に関して「実際に起こった真実を知る必要があるとともに、被害に遭った家族のサポートを行う」と述べた。この地域の保健省長は、調査を開始するとともに家族のサポートも行うと発表、この件を調査する医療専門家のチームを編成した。なお4月20日、バーニス・サムエル病院の医師3名と看護師1名が、調査が完了するまで停職処分が下されたという。

画像は『SowetanLIVE 2021年4月13日付「Horror as four-week-old baby’s arm is amputated」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連リンク

  • 4/24 14:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます