【浦和vs大分プレビュー】通算対戦成績はホームの浦和がリード…通算30回目の対決を制するのは!?

拡大画像を見る

■浦和レッズ 前節の二の舞は避けたいところ。指揮官の選択にも注目





【プラス材料】
 プラス材料は、21日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ第3節の横浜FC戦に勝利し、前節のセレッソ大阪戦での黒星から嫌な流れに入りそうなものをしっかり断ち切ったこと。第9節の徳島ヴォルティス戦まで3連勝していたことが示すように、現在のチーム状態は決して悪くない。

 MF武田英寿の負傷から「4-1-4-1」システムの機能性に陰りが見えているが、C大阪戦でそのポジションを務めたMF伊藤敦樹はルヴァンカップの横浜FC戦にフル出場。他のプレータイムをコントロールした選手から起用されると予想すれば、ハッキリしたダブルボランチに戻す可能性も十分にある。

 また、ルヴァンカップの横浜FC戦では今季に入って決定機でのシュートミスが多かったFW杉本健勇が2得点を記録。スタメン出場かは別にして、ストライカーがゴールの流れをつかみそうなのは好材料だ。

【マイナス材料】
 今季のリーグ戦で3バックのチームと対戦したのは北海道コンサドーレ札幌戦のみ。結果は引き分けだったが、かなりゲームを支配された。同じく4バックでプレーしていた昨季も、試合結果は別にして3バックのチームを相手にした時はプレスが空回りする試合が続いた。

 そうした意味では、リカルド・ロドリゲス監督がどのような調整を見せるかが注目される。場合によってはスタート、あるいは試合中に3バックへと変更してマッチアップさせる可能性もある。

 自分たちに目を向ければ、武田の離脱から中盤の機能性は決して解決していない。相手は6連敗中と状態が悪いが、そういった相手こそ戦いにくいもの。C大阪戦のように決定機をことごとく逸するようなことがあれば、痛い目を見るのは明らかだ。

文:totoONE編集部

■大分トリニータ 試合内容には手応えあり。今度こそ結果を出せるか





【プラス材料】
 水曜日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ第3節のFC東京戦に敗れ、公式戦5連敗で5試合連続無得点(リーグ戦は6連敗で4試合連続無得点)。結果だけ見れば散々だが、試合後に片野坂知宏監督は「選手はチャレンジしてくれた。内容的にはいい試合ができた」と手応えを感じたようだ。90分間、パスで崩す意識は高く、球際で戦った。選手の口からもポジティブな言葉が多く、チームの雰囲気は良い。まずは1勝、勝利こそが良薬となる。

 新外国籍選手のDFエンリケ・トレヴィザンとMFペレイラがチーム練習に合流した。ともに3カ月以上試合から離れているため、コンディション調整や戦術理解に時間を要するものの戦力アップに欠かせない。

【マイナス材料】
 連敗が止まらない。試合内容に改善は見られるが、プロである以上は結果がすべて。片野坂監督は「選手はアグレッシブに戦ってくれている。すべては自分の責任」との覚悟が常にある。シーズンの早い段階で監督交代に踏みきったクラブが出ているものの、大分トリニータでは片野坂監督が積み上げた6年目のスタイルを不安視する声は出ていない。周囲の雑音が出てくる前に結果を出したいところだ。

 第8節のヴィッセル神戸戦に途中出場して終盤に負傷退場したFW長沢駿は、ベンチにさえ入れない試合が続いている。ゴール前までボールを運べるようになってきたが、得点できていない。最後の局面を崩しきれないのは個々の課題である以上、絶対的な高さを持つ長沢の復帰が待ち遠しい。

文:totoONE編集部

関連リンク

  • 4/24 12:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます