浜辺美波、30歳までのビジョンから結婚・出産への憧れまでリアルな本音を明かす

拡大画像を見る

4月25日放送の『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~※この日は22:25~)は、林修先生が“時代のカリスマ”と対談する「インタビュアー林修」に浜辺美波が登場し、“演技ができない”コンプレックスと挫折の日々を告白する。

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は、スタジオゲストとして、伊藤寧々、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、中島健人(Sexy Zone)、夏菜、山下美月(乃木坂46)が出演。さらに尼神インター(誠子・渚)、川口春奈、横浜流星がVTR出演する。

浜辺は、小学4年生の時に「東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞し、芸能界入り。2017年、17歳の時に出演した映画『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞に輝き、今やドラマ、映画にひっぱりだこと大活躍している。

順風満帆に見えるも、実は幼少期から不器用で劣等感ばかりだったという。中学時代には“演技ができない”という大きな壁にぶつかり、なかなか結果を出すことができずに悩んだ日々を告白する。

そんな浜辺が、自身を今に導いた行動だったと確信するのが、節目節目で“ある選択”をしてきたこと。それが“強み”になったと、これまでの人生を振り返り自己分析。とてもシンプルなその“選択”とは?

また、長い間演技に自信が持てなかった浜辺にとってターニングポイントになったというドラマ『賭ケグルイ』への思いを明かすとともに、シリーズ最新作となる映画のワンシーンを林先生と再現する。林先生渾身の演技も必見だ。

一方、プライベートはインドア派を公言する浜辺が、読書へのこだわりを熱く語るほか、“友だち”や“エゴサーチ”のキーワードでは林先生が大いに共感するエピソードも。さらに、30歳までのビジョンから、結婚・出産への憧れまで普段語ることのないリアルな本音とその素顔に迫る。

また今、首都圏のみならず全国で勢いを増す“キッチンカー”にも注目。最新のキッチンカー事情を紹介する特集も。全国で出店ラッシュが続く中、料理のレベルも格段に上がってきているというキッチンカー。話題のキッチンカーがスタジオに集結し、絶品メニューを体験しながらその魅力を掘り下げる。

さらに、1000台以上のキッチンカーを食べ歩いてきた“キッチンカーマニア”おすすめのキッチンカーを尼神インターが巡り、超絶品メニューを『着飾る恋には理由があって』で共演中の川口と横浜に届ける。

前週の放送では、「インタビュアー林修」に、大人気曲「うっせぇわ」のシンガー・Adoが登場。「見返したい相手がいるというか……」「先生に『コミュニケーション能力がない』と言われて……」などと、大ブレイクの裏にある苦悩を語った。

関連リンク

  • 4/24 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます