薬中疑惑ありまくる大御所ミュージシャンXの評判が悪すぎる「キレまくって怒鳴る」「逮捕されないのが謎」

拡大画像を見る

 芸能界の大御所で日本を代表する男性ミュージシャン、X。彼の違法薬物疑惑に触れることはタブー視されているが、その覚醒剤事情を元スタッフがとある芸能記者に語った。Xが逮捕されるようなことにならない限り、この話を大手メディアに載せることは不可能に近い。そこで、記者はトカナにこのインタビューの情報を提供してくれた。

 Xについては、違法薬物である覚醒剤の噂が数年前から囁かれている。「なぜ逮捕されないのかは、芸能界の謎」とまで言われている。だが、件の元スタッフは取材した記者に次のように答えたという。

「Xのバックには、警察庁や警視庁など多くの警察関係のお偉いさんが付いているというんです。『何かあると必ず情報を流してくれるから絶対に捕まることはない。警察が付いていればマトリでもなんでも揉み消してくれるから安心して覚醒剤を使うことができる。それで今まで何回も逮捕を逃れた』と、本人が周囲に話していました」(元スタッフ)

 Xに関して、取材に答えた人間は、いい印象は全くなくいきなり怒鳴り散らし、覚醒剤の影響か、人間性かは分からないが喜怒哀楽が人一倍激しかったという。

「Xのスタッフは入れ替わりが激しいことで知られています。ほとんどのスタッフはXに憧れて入るのですが、その本性を知ってしまうとすぐに辞めてしまうんです」(元スタッフ)

 ごく一部のXと親しいスタッフは、覚醒剤の切れ目と思われるときは近寄らずに、適当に受け答えなどをするようにしていたという。だが、新しく入ったスタッフなどはその豹変ぶりに困惑、異常に思って辞めてしまう人間が多かったと話す。

「いつもキレまくって怒鳴っている印象しかないです。大きなライブなどの前には必ず自分の部屋に数時間籠って、出てきたときには気分が高揚しているか、興奮しているのか、周囲にキレまくっていました。本当に人が変わったとしか思えない状態でした」(元スタッフ)

 芸能界では多くの人間が大麻・覚醒剤・コカイン・MDMAなどで逮捕されている。実はXに関しても、逮捕された有名人たちに負けないくらい多数のイニシャル報道が過去に出ている。それでもXが逮捕されない原因は、本人が語ったという言葉の通りに、警察関係者との深い癒着があるからなのであろうか。

  • 4/23 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます