フジ井上清華アナ&『めざまし』が標的!?ステマ騒動「女子アナ犯人説」!!

拡大画像を見る

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた、フジテレビの女性アナウンサーたちによる“ステルスマーケティング疑惑”の波紋はさらに広がりをみせている。

“ステマ疑惑”を報じられたのは、『めざましテレビ』の井上清華アナ(26)、『ノンストップ!』の三上真奈アナ(32)、『めざましどようび』の久慈暁子アナ(26)、『プライムオンラインTODAY』の宮澤智アナ(31)、堤礼実アナ(27)、海老原優香アナ(27)、杉原千尋アナ(25)の7人。

 この7人が同じ美容室に通い、無料で施術を受ける代わりに同店のインスタグラムに自身の写真を掲載することを許諾するなど、いわゆるステマをしていたという疑惑が浮上し、アナウンス室のナンバー2・野島卓アナウンス室部長(54)の事情聴取を受けたという。

 報道を受け、フジテレビは「事実関係の詳細については現在確認中ですが、いわゆるステルスマーケティングに該当する行為はないと考えております。就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処して参りたいと考えています」と見解を示した。

 しかし、フジテレビに対しては、「これからはフジテレビは“法的に問題ない”ことは、報道したり批判したり追及したりしないように」「調査中だからと詳細を公表しないのに“ステマではない”という見解を出すのがズルい」といった厳しい声が上がっている。

■“犯人”はアナウンス室内部にいる!?

 4月22日発売の『週刊文春』では続報を掲載。

 新たに内部のフジテレビ関係者からもたされた情報として、5人の女子アナが問題の美容室と系列のネイルサロン&マツエクの店に通った回数が明らかになったという。

 3月29日から『めざましテレビ』のメインキャスターに就任し、将来のエースアナウンサーとして期待を寄せられる井上アナが圧倒的1位で、美容室30回、ネイル&マツエクに15回、合計45回。約90万円分のサービスを受けていたとされる。

 以下、堤アナが合計18回、三上アナが15回、杉原アナが12回、久慈アナが1回だったという。

 また、アナウンス室は野島部長を中心に「打倒文春」という結束が生まれつつあり、問題解決ではなく「どこから情報が漏れたのか」と、犯人探しに躍起になっていると『週刊文春』では伝えている。

「誰が何回、美容室行ったかという女子アナ5人の自己申告による数字まで『週刊文春』に掲載されているわけですからね。これだけ詳細な情報が漏れているということもあって、フジテレビ局内でも“犯人はアナウンス室内部にいるだろう”となっています。

 昨年9月に起きた、テレビ東京の女子アナ2人の会話がネットに流出した、あのときと一緒ですよね……」(放送作家)

■背景に、井上アナの『めざましテレビ』抜擢“憎し”の感情!?

 2020年9月、匿名のツイッターアカウントに「テレビ〇〇の若手女性アナウンサーMとIの本性とは…」と題された音声が投稿された。

 会話の内容は「スキルをつけて。結婚して、適当に何か事務所とかに所属して~。土曜日、日曜日だけ働くみたいな」「それがベストだよねぇ」といったもの、さらには「今日、超汚いスタッフさんとご飯だわ」「めっちゃ毛深いし、超怖かった」といった、スタッフを小馬鹿にするものもあった。

 同月発売の『週刊文春』ではこの音声を、テレビ東京の森香澄アナ(25)と池谷実悠アナ(24)だと報じ、2019年末に収録前の練習に使うアナウンス室内の発声室での会話を録音したものだとした。

 テレビ東京は2人を呼び出して調査を行ったところ、自分たちの会話だと認め、先輩アナウンサーやスタッフに謝罪したという。

「『週刊文春』ではこの音声が流出したのは、森アナと池谷アナを嫌う別のアナウンサーによる犯行である可能性が高い、と報じましたが、フジテレビの今回のステマ疑惑騒動も、アナウンス室の関係者からの内部リークである可能性が高い、となっています。しかも、それは、“女子アナなんじゃないか”とも……。

 今回の報道で一番ダメージを受けているのは、90万円分ものサービスを受けていたことが明らかになった井上アナですよね。そのため、今回の背景には、“『めざましテレビ』憎し、井上アナの抜擢憎し”という感情があるのではないか、とも言われているんです。

 そのため、フジ、そしてアナウンス室では、『めざましテレビ』や井上アナ周辺の関係者も含めて、犯人が誰なのか、必死の追及が行われているといいますね」(前出の放送作家)

 フジテレビの「朝の看板」番組の『めざましテレビ』。フジのアナウンス室全体が疑心暗鬼に陥って、番組の雰囲気が悪くならないことを祈りたいが……。

「ただ、リーク犯のあぶり出しよりも実態の詳細調査の方が重要ですよね。やはり、ステルスマーケティングは今の世の中ではルール違反で“厳罰”されるもの。9年前、ステマを行い、芸能界から消えてしまったタレントもいます。今後、局内の調査でもし悪質性が確認されたときは、厳しい対処をしなければ、世間の納得は得られないのではないでしょうか」(前同)

 フジテレビの今後の動きに注目が集まる――。

関連リンク

  • 4/24 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます