夏目三久、引退「有吉弘行の妻専念」も裏で事務所設立!!「第2の人生」!

拡大画像を見る

 4月23日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)内で、2011年4月から2017年3月まで放送されていた番組『マツコ&有吉の怒り新党』が一夜限りの復活をはたした。

 4月1日に結婚を発表した有吉弘行(46)と夏目三久(36)が、出会いの場となった『怒り新党』で夫婦として初共演。ウエディングドレス姿になったマツコ・デラックス(48)と、結婚についてのトークを存分に繰り広げた。

「番組は大いに盛り上がりましたが、その中で有吉と夏目が驚きの発表をしたんです。マツコが、“夏目ちゃんどうすんのこれから? 仕事とか”と、結婚後の夏目の振る舞いについて質問を投げました。これに夏目が“2人で相談しまして”と切り出すと、有吉が“(夏目は)秋で仕事はやめようかなと思います、全部”とし、夏目も“この仕事から離れようかなと思ってます”と、芸能界の仕事から引退する方針を明かしたんです」(テレビ誌ライター)

 有吉は、夏目の引退の理由について、「みんなの話聞くと離婚の理由って“すれ違い”か、“価値観の違い”じゃないですか」「価値観のほうは無理だとしても、すれ違いだけ潰しとくかみたいな」と語った。

「これはちょっと、かっこよすぎるセリフですよね。有吉は“今まで頑張ってきましたし、これからはゆっくりと”と夏目への思いも語っていました。夏目は“表に出る仕事の緊張感とか重責とか少しはわかっているつもりなので、微力ながら少し安らげる場所を作れればいいのかなと思ってます”と、専業主婦になる決意のようなコメントも語っていました」(前同)

■整理が進む夏目の出演番組

 今秋での引退を表明した夏目の出演番組のうち、『あさチャン!』(TBS系)は9月末で終了することがすでに決まっている。

「夏目さんは、日本テレビ系の日曜夕方の報道番組『真相報道バンキシャ!』にも出演していますが、こちらも降板する運びになるということですね。すでに『バンキシャ!』では、4月からフリーの福澤朗さん(57)から局アナの桝太一アナウンサー(39)にMCが交代していますが、日テレでは制作費の削減の一環として、出演者の見直しをするという方針があるといいます。

 また、局内からは、“自局のアナウンサーを育てるべき”と福澤さん、夏目さんという局OBのフリーアナのMC起用に対して否定的な声もあがっていたそうです。そういったこともあり、結婚前から夏目さんも早ければ今秋にも降りるのでは、と見方もされていました。

 また、夏目さんは『アニマルエレジー』というテレビ朝日系の深夜番組でMCを務めていますが、こちらも引退でMC交代、ないしは番組終了となるのではないでしょうか」(制作会社関係者)

■芸能活動が可能な個人の会社を設立していた!

 芸能界引退する夏目、秋からは有吉を支える妻としての生活が始まる。

 芸能プロ関係者は、

「専業主婦のような生活になるといいますが……実は夏目さんは3年前に“個人事務所”を立ち上げているんですよ」

 と明かし、こう続ける。

「夏目さんの個人の会社が設立されたのは2018年8月6日。所在地は東京都渋谷区で、会社名には数字が使われているんです。ただ、なぜか、三久の語呂合わせの“39”ではなく、それに近い数字なんですが……。

 登記簿で会社設立の目的を見ると、“日本及び海外において、映画、テレビ、舞台等エンターテイメントの企画、開発及び制作並びにそのコンサルティング”“日本及び海外における、アーティスト、俳優、タレントのマネジメント業務及び海外進出のサポート業務”“飲食店業”“飲食、喫茶店の営業並びに管理受託業務”となっています。つまり、ただの節税のための会社ではなく、夏目さんが芸能活動もできそうな個人プロダクションという感じなんです」(前同)

 4月6日発売の『女性自身』(光文社)では、大阪に住んでいる夏目の実父が同誌の取材に対して、夏目から結婚の報告を受けていなかったと答えた、と報じている。

「夏目さんは父親とは距離があるといいますよね。会社の代表は夏目さんと非常に距離が近いと言われる母親が務めています」(同)

■3年前、将来の独立後の“受け皿”として考えた?

 引退を発表し、さらには個人の会社も立ち上げ済みという状況の夏目。

「今秋で引退するということですから、いずれ現在所属している大手事務所からも離れるのではないでしょうか。

 ただ、すでに3年前に会社を作っていたというのが気になるところですね。有吉さんと夏目さんは5年前に交際報道があったものの、両者が否定してその話は消滅していた。しかし、実は誰にもバレないようずっとつきあっていたと報じられています。もしかしたら3年前、将来の結婚、そして今回発表した芸能界引退を見越して、会社を設立していたのかもしれませんね。

 ただ、テレビ番組で夫婦そろって引退発表をしたわけで、独立後の受け皿としてその会社ですぐに稼働するということはないでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

 今年37歳になった夏目は結婚発表の直後から「今後は子作りに励むのではないか、ともささやかれていた」(前同)という。

「子どもができたとしたらしばらくは育児に専念するでしょうし、加えて、超多忙な有吉さんをしっかりと支えるとなると、表舞台に出る余裕はそうないでしょう。

 ただ、いずれ家庭のことに余裕ができたタイミングなら、芸能の仕事に復帰する可能性はゼロではないのかもしれませんね。ママになったタレントが、子育てが落ち着いたときに、芸能活動を本格的に再開させるという話は珍しくありませんからね。

 キャスター業など第一線での仕事でなくても、ママタレ的な活動など芸能界にはさまざまな仕事がある。夏目さんが、第2の芸能人生を歩みだすときがくれば、ようやく、3年前に設立した“個人事務所”が稼働するのではないでしょうか」(同)

「末永くお幸せに」というテロップで締めくくられた『怒り新党』。夏目が表舞台に立つのは、しばらく先のことかもしれない。

関連リンク

  • 4/24 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます