駆け引きなんていらない♡【愛情表現が上手な女性】の特徴まとめ

拡大画像を見る

日本人は外国人に比べて、家族や恋人に対しての愛情表現をすることが苦手。心の中では愛情や感謝の気持ちをしっかり持っていても、その気持ちを言葉で表すためにはかなりの勇気が必要です。そこで今回は、「愛情表現が上手な女性」の4つの特徴をご紹介します。大好きな彼にちゃんと愛情表現したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


定期的に彼に自分の気持ちを言葉で伝える

長く付き合っていると、徐々に自分の気持ちを言葉で伝える回数が減ってくるのは仕方がないことです。しかし、言葉で気持ちを伝えないままでいると知らない間に気持ちが離れてしまったり、マンネリ化してしまうことも。女性から愛情表現するのは勇気がいることですが、定期的に「大好きだよ」や「愛してるよ」など、しっかり愛情表現をするようにしましょう。


自分から積極的にスキンシップする

愛情表現が上手な女性は、彼に自分から積極的にスキンシップをすることを心がけている人が多いようです。実は男性も常に受け身の女性よりも、自分から積極的にスキンシップしてくれる女性にドキドキしてしまうのだとか。付き合いたてのような新鮮な気持ちをキープするためには、女性から積極的にスキンシップすることも大事なポイントになります。


感謝の気持ちを言葉にする

あなたは、彼に何かしてもらった際にちゃんと「ありがとう」と言葉で伝えていますか?付き合いが長くなるにつれていろいろなことが当たり前になってしまい、感謝の気持ちを言葉で伝えることを忘れてしまいがちに。どんな些細なことでも、その都度「ありがとう」と伝えられる女性になることを意識してみましょう。


困った時は迷わず彼のことを頼る

男性は女性に頼られることに喜びを感じるものなので、困った時は迷わず彼に頼ってあげましょう。何でも一人でできる女性も格好いいですが、男性からは「俺がいなくてもいいんじゃないかな......」と思われてしまうことも。ほどよく彼を頼ってあげることが、彼への愛情表現に繋がりますよ。


彼氏と長くよい関係を築いていきたいなら、上手に愛情表現することが大事です。どんなことも当たり前にならないように、その都度感謝の気持ちや愛情を彼にしっかり伝えましょう♡
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/24 6:15
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます