自由に生きたい!結婚に執着してない女性が多くなっている理由

拡大画像を見る

 今までは女性は結婚をしたほうが幸せになれるという風に言われてきましたが、本来幸せというものは自分で決めるものです。結婚をしないからと言って、幸せになれないわけではありません。  結婚に縛られることのない生き方をするのも自分で決めたのであれば、1つの幸せなのではないでしょうか。人生を今よりももっと楽しくするために日々頑張っている女性は多くなっているようです。今回は、結婚に執着してない女性が多くなっている理由をご紹介します。 


自分だけの為に時間を使える

結婚して子どもを育てることになると、子どもが大きくなってくるまで自分の時間を犠牲にして、生きていかなければいけなくなってしまいます。子どもを育てることにも、もちろん幸せはありますが、考え方が違う人も多くいます。 子どもを育てる幸せよりも、自分の時間を使うことのできる幸せを、優先したいという方も多くいるので、結婚は向いてないという考え方もあるようです。子どもを常に最優先にして、自分のことは後回しにするのが子育てというものでしょう。 自分の時間がもっと欲しいと考えていたり、自分の為に時間を使いたいと考えている女性は、子育てをして自分の時間が無くなってしまうことを苦しく感じているでしょう。自分の中で人生を楽しんでいるのであれば、無理に結婚する必要はありません。 


恋愛に縛られてしまうと楽しくなくなる

結婚をするということは、1人の男性と生涯を共にするということなので、他の男性とは恋愛関係になれなくなります。恋をしたいと感じたら恋をするし、1人の人を愛し続けることができないという考えを持っているのであれば、結婚はしなくてもいいでしょう。 結婚した状態で誰かと恋愛関係になってしまうと、法律で裁かれることになるので、自分が恋愛をしたいと考えていても、理性で抑え込むしかありません。自分の自由にできないのはつらいので、自由にしたいのであれば、結婚をしてはいけません。 色々な人と恋愛がしたいという考えを持っていて、実際に自分の中で楽しんでいるのであれば、それはその人にとっての幸せということになるのではないでしょうか。毛kkんが幸せではなく、足かせになってしまうことのあるようです。 


家庭を持つよりも友達といたほうが楽しいから

家庭を持っている温かさも悪くないけど、友達と一緒にグダグダ語りながら飲むお酒が楽しという方も、多いのではないでしょうか。自由なときに友達と笑って楽しく過ごすことができるのは独り身の特権です。  家庭を持つことによって窮屈に感じるのであれば、友達と自由に遊んでいるほうが幸せだと感じるのではないでしょうか。  


他人と生活するのは会わないから

結婚するということは、他人と一緒に暮らすということなので、自分のエリアに他人が入ってくるということです。気に合う男性であっても、一緒に暮らすことがどうしてもできないという性格をしているのであれば、結婚は合いません。  他人と一緒に住むことに抵抗を感じるのは、性格上仕方ないことなので、会いたい時に気軽に合えるくらいの友達感覚でもいいようです。  


まとめ

結婚をしないことにメリットを感じて、自分の中で納得しているのであれば、結婚しなくても幸せに感じることはできます。決められたスタイルに沿って生きていくのではなく、自分だけの幸せを探しましょう。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/24 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます