待ってた。ダイソーで人気の「多機能まな板」、機能性はそのままサイズアップ!

拡大画像を見る

SNSで「めっちゃ便利」「毎日使ってます」などと高好評されており、昨年「2020年度グッドデザイン賞」も受賞した、100円ショップダイソーの「多機能まな板」

実は最近、機能はそのままサイズアップしたって知っていますか?

ビッグとロングサイズの2種類

主婦が考えた 省スペース 多機能まな板」は、カットした食材がこぼれ落ちにくい2方向の壁と、壁のコーナーに設けられた水切りスリットが特徴の商品。切った食材をフチの角に寄せると、細長い水切り穴が食材の水気さっと切ってくれます。

立てて置くのはもちろん、フック穴付きなので、吊るして乾燥・収納ができるのもポイントです。

これまでは、ミニサイズ(縦18.5㎝×横18.5㎝×厚さ2.5㎝)の1種類しかありませんでしたが、最近になってビッグサイズ(21.0cm×21.0cm×2.5cm)とロングサイズ(26.0cm×16.0cm×2.5cm)が仲間入りしています。価格は各110円。

ビッグサイズは、レタスやブロッコリー、肉、メロン、パンケーキなど、大きめの野菜や果物、ケーキなどを切り分ける際に便利。ロングサイズは、バナナやきゅうり、のり巻き、バゲットサンド、など、細長い食材を切るときに活躍してくれます。

ミニサイズのまな板同様、食洗機、漂白剤、熱湯消毒に対応。日本製で抗菌仕様なのも安心です。

大きめのサイズが欲しいと思っていた人は、ダイソーでチェックしてみて!

※画像は公式インスタグラムから。

関連リンク

  • 4/23 12:40
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます