盗まれた2メートル超の“ビッグバード”の着ぐるみ 「ごめんなさい」のメモと共に見つかる(豪)

拡大画像を見る

南オーストラリア警察が今月19日、奇妙な盗難事件が発生し情報提供を求めるためにその詳細を公表した。

「4月18日午後4時半から19日午前9時半までの間に、何者かによって黄色い“ビッグバード”のコスチュームがスバートンのサーカスエリアから盗まれました。現場近くのポート・ロードには数枚の羽根が残されていました。この件について何か知っていることがありましたら、警察までご連絡ください。」

“ビッグバード”とは、子供向け番組『セサミストリート』でお馴染みの背の高いキャラクターである。盗まれたのは人が中に入れる着ぐるみだったようで、そのサイズは2メートル13センチとかなり大きい。しかも蛍光色に近い黄色でかなり目立つはずだが、誰にもバレずに盗み出されてしまったというのだ。

この事件は多くのメディアや地元のニュース番組が取り上げ、大きな話題を呼んだ。サーカスは公演期間中だったので、メインキャラクター抜きで公演が行われていたという。

そして今月21日早朝5時前、警察が周囲をパトロールしていたところ、暗闇に紛れて暗い色の服を着た2人組の男が盗まれたビッグバードと思われる物を運んでいる姿を発見した。

男らはサーカスエリアの近くにあった配電盤にビッグバードを乱暴に置くと、走り去ったという。目撃した警察官がビッグバード駆け寄って確認すると1枚のメモが挟まっており、そこにはこのように書かれていた。

「本当にごめんなさい! 自分たちが何をしでかしてしまったのか気付いていなかったんだ。僕たちはちょっと辛いことがあったから、自分たちを元気付けようとしただけなんです。」

「ミスター・バードとは素敵な時間を過ごせたよ。彼は良い奴だし、友達を傷つけるようなことはしていないさ。こんな大ごとにしてしまって申し訳ない。ビッグバード強盗より。」

その後、警察はすぐに警察犬を動員して男2人の行方を追ったが、未だに見つかっていない。

なおこのニュースには人々から「こんな大きな物、どうやって盗み出したんだ?」「傷付けることなく返されて良かったね」というコメントや、「素敵なメモじゃないか」「メモの内容に笑っちゃったよ」と犯人たちのメモに笑顔になったという声も届いている。

ちなみにこの着ぐるみは16万オーストラリアドル(約1,300万円)を超える貴重なもので、今回の移動式サーカスのために米ニューヨークから届けられたそうだ。

画像は『LADbible 2021年4月21日付「Thieves Return $160,000 Big Bird In Adelaide And Leave Weird Note To Police」(Credit: South Australia Police)』『The Guardian 2021年4月21日付「Self-proclaimed ‘Big Bird Bandits’ return $160,000 costume to Adelaide circus」(Photograph: Supplied, South Australian Police)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 4/23 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます