12歳の少女のふりをした女優たちがSNSで直面したおぞましい現実とは… ? 問題作『SNS -少女たちの10日間-』が日本公開

拡大画像を見る

2021年4月23日公開のドキュメンタリー映画『SNS -少女たちの10日間-』は、SNSで子どもたちが直面する危険をありのままに映した話題の衝撃作。

3つの子ども部屋をスタジオ作り、幼い顔立ちの18歳以上の女優3名が「12歳」という年齢設定で偽のSNSアカウントを作成し、検証を行うというもの。

3つの偽アカウントで友達募集を行ったところ、わずか10日間のあいだに2458人もの成人男性から連絡が寄せられたというのです……!?

【専門家のサポートのもと撮影】

チェコ生まれの映画監督、バーラ・ハルポヴァーさんとヴィート・クルサークさんが共同で手掛けた今作。

10日間の “検証” を行うにあたり、協力してくれた女優たちのため「自分からは連絡しない」「12歳であることをハッキリ告げる」「露骨な性的指示は断る」といった7つのルールを設けたのだそう。

また精神科医、性科学者、弁護士、警備員など、専門家のバックアップやアフターケアを用意して撮影に挑んだといいます。

【目を覆いたくなる現実が待っていた】

検証がスタートしてからは、驚きの連続。

写真を投稿した直後に16件もの連絡が来たり、自分の性器や卑猥なリンクを送信してきたり、ビデオを通じた性的行為を要求してきたり……。

挙句の果てには恐喝する者まで現れて、ネット上で子どもたちがいかに脅威にさらされているか実感します。

【些細な理由で子どもが搾取の被害にあうことも】

公開にあたって監督のひとりであるハルポヴァーさんは、インタビューで

「わたしは当初から“天使のような子どもたち”と“邪悪な男性たち”という白黒のはっきりした構造では見ていませんでした」

「ただ正直に言うと、一つだけ私を非常に驚かせたことがありました。(中略)近年、少年少女たちが自分の裸体の価値に気付き、それを売るようになったということです。ただ仲間外れにされたくない、ただ携帯のアプリが買いたい、というような単純な理由のために」

といった問題についてもコメント。そのような事実が背景にあると思うと、複雑な思いがします。

また、もうひとりの監督であるクルサークさんは、

「企画書の段階では、これらの男性を犯罪者として扱うのではなく、何よりもまず彼らが子どもたちを巧みに操ろうとするその手法や技術を明らかにし、社会的な議論へと発展させたいという目的でした。しかし、実際にカメラに映ったのは、恐喝と脅迫でした」

と語っており、映画を観る前に、しっかりと心の準備をしておいたほうがいいかもしれません。

【警察をも動かした大ヒット作です】

今作は、本国チェコにおいて、ドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。

その結果、「児童への性的搾取の実態を描いた映像」として、チェコ警察から刑事手続きのための映像が要求されたそうです。

Pouchで以前ご紹介した「37才のママが少女になりきって潜入調査する動画」然り、「すべて現実に起きたこと」という事実に衝撃を隠せません。

参照元:映画『SNS ₋少女たちの10日間₋』オフィシャルサイト、YouTube
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 4/23 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます