“2億分の1の確率”で一卵性の三つ子を自然妊娠で授かった女性「そっくりすぎて頭の形で見分けているの!」(英)

拡大画像を見る

英バーミンガム近郊のビュードリーに住むローレン・マウンテンさん(Lauren Mountain、28)は1月16日、ウスターシャー・ロイヤル病院で予定日より10週間早く、三つ子の男の子を出産した。

ローレンさんが夫ジャックさん(29)との間に三つ子を授かったことを知ったのは、妊娠12週の超音波検査の時だったそうで、当時のことを次のように振り返った。

「私たちの最初の赤ちゃんが三つ子と聞いて、耳を疑ったわ。それも自然妊娠だったので本当に驚いたの。家族の中に多胎児はいなかったし、ジャックは一人っ子だから、『小さな家族でいい』と思っていたの。私たちは『3人も一度に生まれたらどうしたらいいの!』とパニック状態で、頭の中を整理するのが大変だった。でも数週間もすると、だんだんワクワクしてきたのよ。」

「家族や友人は『三つ子を妊娠した』と言ってもなかなか信じてくれなくてね。超音波検査の写真を証拠として見せながら、ビデオ動画でやりとりしたくらいなの。」

実は三つ子は一卵性で1つの胎盤を共有していたため、ローレンさんは医師から「妊娠はハイリスクである」と伝えられたという。

ローレンさんは「『三つ子は2つの受精卵のうちの1つが一卵性の双子になり、もう1つの受精卵も着床することでできることが多い』と聞いたわ。ただ私の場合、自然妊娠でしかも一卵性と非常に珍しく、三つ子のママが参加するFacebookのグループの中でも初めてのケースだったの。だから妊娠中は不安だったし、ちょっと神経質になっていたわね」と明かすと、緊急帝王切開で生まれた3人についてこのように述べた。

「出産は予定より10週間早かったの。まずリバー(River)が午前6時59分に、ボー(Beau)がその5分後に、そして7時6分にレオ(Leo)が誕生したわ。7分の間に3人が生まれたのよ。」

「リバーとボーは1389グラムで、レオは1360グラムだった。3人はすぐに新生児集中治療室に移されたけど、ボーとレオは3か月の入院を経て退院することができて、今では2人とも体重が4キロを超えているわ。ただまだ小さいリバーは入院中で、呼吸を補助する装置が必要なの。」

なおローレンさんはリバー君に会うため毎日病院に通っており、シャワーを浴びる時や病院に行く時は、ジャックさんと祖父母に助けてもらっているという。

ローレンさんは「まだ3人が誕生して3か月ほどなのに、子育てにてんてこ舞いよ。でもたくさんの人からサポートを受け、なんとかやってるわ! リバーもあと数週間もすれば退院できるんじゃないかしら」と述べており、家族5人が揃うのを心待ちにしているようだ。

ちなみに3人は一卵性だけあってとてもよく似ているそうで、ローレンさんは「子供たちは頭の形に特徴があってね。私やジャックは、3人を頭で見分けているのよ。でも看護師さんでさえ、どの子がどの子かわからなくなるようよ。そんなこともあって、3人にはちょっと珍しい名前を付けてみたの。学校に通うようになったら区別がつきやすいようにと思ってね。一卵性の三つ子なんて、なかなかいないでしょうからね」と笑った。

画像は『Mirror 2021年4月21日付「Couple welcome ‘200 million to one’ identical triplets who arrived 10 weeks early」(Image: Worcestershire NHS Trust / SWNS)(Image: Lauren Mountain / SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 4/23 21:05
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます