セキネ記者がコッソリ教える「競馬POGマル秘情報」【「POGの王道」発売記念】

拡大画像を見る

 2021年、春のG1シーズンもいよいよ佳境に。しかし、またもや緊急事態宣言で、競馬は無観客に。波乱万丈のシーズンになりそうだ。

※動画は「taishu.jp」で

 そんななか、POGファンは、そろそろデビューを控えた2歳馬が気になってきたのでは!?  POGとは、ペーパー・オーナー・ゲームの略。中央競馬に所属する競走馬は、馬主という馬のオーナーが存在するが、その馬たちの仮想の馬主となって、何頭かの馬を持ちあって競うゲームだ。10頭持ち、15頭持ち、20頭持ちなど、グループによってルールはさまざま。各グループは、プロ野球にならってドラフト会議(という名の飲み会、コロナ禍の現状はリモート開催も多いという)で、持ち馬を決定。2歳の新馬戦から、翌年のダービーまでの期間を争うルールが一般的だ。

 そんなPOGのお供や教科書として、好評を博しているのが『POGの王道』。黄本として、すっかりおなじみになった。4月22日に発売されたこの本のウラ話をセキネ記者が公開。穴っぽいオススメの3頭もコッソリ教えてくれるぞ! 

 オークス、ダービーでも予想に合わせて、POG最新情報をお届けする予定。お見逃しなく!

https://youtu.be/V_mFuN_iZI8

関連リンク

  • 4/23 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます