【MCU】マーべルにおける『マルチ・バース』の解釈を徹底解説!【ネタバレ】

拡大画像を見る

MCUでは今後、『マルチ・バース』という概念が非常に重要なファクターとされています。これまでのMCUでは”インフィニティ・サーガ”として、ストーンが中心でしたが、今後は”マルチ・バース・サーガ”と言ってもいい位に大きな部分を担っていくでしょう。そんな『マルチ・バース』を徹底解説していきます!

そもそも、『マルチ・バース』ってなに?

サイバーグラフィックス

『マルチ・バース』は、マーベルの世界で使われている独自の言葉、ではなく実際に理論として存在する言葉です。
正確には、”多元宇宙論”とされている言葉になります。
”多元宇宙論”とは、複数の宇宙の存在があるとされる、幾つかの説が存在する論理物理学の仮説です。
例えば一つの例を挙げると…
我々の地球が存在する太陽系の更にその奥の宇宙には、また別の宇宙が存在するなど。
別の宇宙とはいうものの、実際には人類が行けない場所にあるだけで、果てしなく遠い場所にある宇宙、それも”多元宇宙論”のひとつの解釈とされています。
その中の解釈のひとつ、”多世界解釈”というのが、マーベルでも採用されているマルチ・バース理論です。
以下より、各作品について詳しく内容を解説して参りますので、もし、まだマーベル作品を未鑑賞の方は、ネタバレに繋がりますので、ご注意くださいませ。

マーベルにおける『マルチ・バース』

HOLLYWOOD, CA - JANUARY 13: General view of a billboard above the El Capitan Entertainment Centre promoting the upcoming season of the Disney+ Marvel Studios flagship show 'WandaVision' on January 13, 2021 in Hollywood, California. (Photo by AaronP/Bauer-Griffin/GC Images)

マーベルで採用されている『マルチ・バース』、多世界解釈というのは、量子力学におけるマルチ・バースで、わかりやすくいうと、並行世界、パラレル・ワールドといった様なもの。
今ある世界とは別の世界、という解釈。
そしてこの並行世界、別の世界という意味では、すでにMCUでもいくつか登場しています。
それは、『ドクター・ストレンジ』で明らかになりましたが、この世界はアース199999という世界であるということ。
さらに『ドクター・ストレンジ』では、この世界とは別にミラー・ディメンションという鏡の世界や、ドルマムゥガイル暗黒世界なども並行世界と言えるものでした。
他の作品では、『アントマン』や『アントマン&ワスプ』で登場した量子世界も、それに当たります。
しかし、フェイズ4ではこれら並行世界ではなく、全く別の存在となるマルチバース、他の次元の世界が登場となるのです。
その解釈は、『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』でミステリオが採用した設定で、その理論が存在することが示唆されています。

MCUでは、『ドクター・ストレンジ』で本格的に示唆されている!?

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 04: A cosplayer as Dr. Strange poses during New York Comic Con at the Javits Center on October 04, 2019 in New York City. (Photo by Mike Coppola/Getty Images)

映画など、MCUで採用されている設定として、”アース199999”の世界であるということが判明しています。
原作のマーベル・コミックスでは”アース616”とされていて、それぞれ異なる世界です。
特にMCUにおけるマルチバースで、現在(2021年4月19日)の時点では、『ドクター・ストレンジ』が1番それに近いものをセリフとして発言している作品かもしれません。
エンシェント・ワンもマルチ・バースの存在を認識しており、ストレンジに対して存在意義を説いていました。
複雑な会話の中ですが、”多元宇宙”と、英語でしっかり”マルチ・バース”と述べているのです。
そしてその言葉の証明は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもエンシェント・ワンがハルクに対して説明をしていました。
さらには、『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』でも、結果ミステリオは狂言でしたが、ピーター・パーカーはしっかりとマルチバースの存在を匂わせており、MCUにおいてのマルチバース理論は常識の様に各作品にて、匂わせているのです。

「マルチ・バース」は今後のMCUで本格的に登場する!?

HOLLYWOOD, CA - JANUARY 13: General view of a billboard above the El Capitan Entertainment Centre promoting the upcoming season of the Disney+ Marvel Studios flagship show 'WandaVision' on January 13, 2021 in Hollywood, California. (Photo by AaronP/Bauer-Griffin/GC Images)

フェイズ1〜3では、MCUでは「マルチ・バース」の存在は匂わせで終わっていました。
それが、フェイズ4では本格的に登場が予定されています。
ドクター・ストレンジの続編では、『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』と、タイトルの中にマルチ・バースが入っています。
それ故、今後はそのマルチバースが本格的に物語に入ってくることになるはずです。
そんなMCUフェイズ4とマルチバースの関係性について紐解いていきましょう。
ここからの内容は、筆者の憶測も含めたものですので、必ずしも正しい内容ではないことをご了承くださいませ。
さらには、『ワンダヴィジョン』などのネタバレなども含まれますので、未鑑賞の方などは十分注意してご覧ください。

『ワンダヴィジョン』(ネタバレあり)

『ワンダヴィジョン』第5話、「問題エピソード」では、早速マルチバースが登場!?
と思わせましたがそれは完全に肩透かしでした。
単純に、製作陣が仕掛けたファンへのサプライズといった側面が強いもの。
20世紀フォックス時代に製作された『X-MEN』のキャラクターが登場したのです。
とはいえ、実際のところは役者が同じというだけで、同一人物ではありません。
一瞬マルチバースを匂わせますが、結果として未登場のまま終わった『ワンダヴィジョン』。
フェイズ4の1作目では、まだ、「マルチ・バース」がどの様なものなのかは、分かりかねる内容です。

『ロキ』で本格的に描かれる!?

「マルチ・バース」に関して、MCUに本格的に今後のストーリーで関わってくると思われるのが2021年6月11日より、ディズニー・プラスで配信される『ロキ』。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて、アイアンマンことトニー・スタークとアントマンのスコット・ラングが四次元キューブを奪う為に、シールド長官に渡る前に奪おうとした時です。
なんだかんだが起きた結果、ロキの手に渡り消えてしまったその後を描く、ドラマシリーズです。
このロキは、2012年の『アベンジャーズ』後のロキの為、兄弟の絆を描いた『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や『マイティ・ソー/バトルロイヤル』を経験していない、純粋なヴィランのままのロキになります。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で勇敢にサノスに立ち向かっていたあのロキではないのです。
この時点で既に、「マルチ・バース」というものが成立しています。
そして、『ロキ』ではそんな「マルチ・バース」がストーリーの軸となり、TVAという新たな組織が登場。
正式名称は、”Time Variance Authority”。
直訳すると…Time=時間、Variance=分散。
要するに時間の分散を監視する機関となり、”マルチ・バース”の発生を監視することを目的とした組織で、それを正しい歴史に戻す、というのが『ロキ』の主軸となるストーリーだと予想できるでしょう。

『ホワット・イフ…!?』は、「マルチ・バース」の世界?

2021年の夏にディズニー・プラスでの配信が予定されている、MCU初のアニメシリーズとなる『ホワット・イフ…?』も、根底として”マルチ・バース”で起きた物語を描く作品です。
往年のコントの設定のような、もしもあの時を実現したストーリーが特徴。
あの時、ああなっていたら?もしくは、ああなっていなかったら?
というストーリーで、もし、キャプテン・アメリカにスティーブ・ロジャースがなっておらず、ペギー・カーターだったら?
なんて「マルチ・バース」で起きた出来事をアニメにしたストーリーが『ホワット・イフ…?』。
このアニメが公開される時には、もっと「マルチ・バース」について具体的に描かれていくことになるでしょう。

『ドクター・ストレンジ』の続編ではタイトルに!

SAN DIEGO, CALIFORNIA - JULY 20: Benedict Cumberbatch of Marvel Studios' 'Doctor Strange in the Multiverse of Madness' at the San Diego Comic-Con International 2019 Marvel Studios Panel in Hall H on July 20, 2019 in San Diego, California. (Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images for Disney)

「ドクター・ストレンジ」の続編となる『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』では、タイトルの中に「マルチ・バース」が入っています。
しかし現在明かされているストーリーは、
”ストレンジがタイム・ストーンの研究を続けている中、敵が現れ思ってもない悪を解き放ってしまう”
というもの。
これが「マルチ・バース」とどの様に関係があるのかは、映画を観てみるまではわかりませんが、ワンダ・マキシモフの登場などが示唆されている事から、『ワンダヴィジョン』を経た物語であることが判明しています。

Doctor Strange 2 synopsis teases the return of a familiar face

出典元:https://www.digitalspy.com/movies/a30592922/doctor-strange-2-synopsis-baron-mordo-return/

フェイズ4では「マルチ・バース」がとても重要!

ANAHEIM, CALIFORNIA - AUGUST 23: (L-R) Director Bryan Andrews and Head writer A.C. Bradley of 'What If...?' and President of Marvel Studios Kevin Feige and Hayley Atwell of 'What If...?' took part today in the Disney+ Showcase at Disney’s D23 EXPO 2019 in Anaheim, Calif. 'What If...?' will stream exclusively on Disney+, which launches November 12. (Photo by Jesse Grant/Getty Images for Disney)

スパイダーマンの3作目では、既に「マルチ・バース」の新情報が飛び出しています。
サム・ライミ版スパイダーマンの2作目のヴィラン、スパイダーマンでも屈指の人気キャラクターであるドクター・オクタビアスが、作品の垣根を超えて同じ役で登場するとのこと。
「マルチ・バース」の世界観が遂に、完全に登場することが決定しています。
このドクター・オクタビアスは、そのまま『スパイダーマン2』のラストから、MCUに繋がるストーリーで、どのように異なる世界同士が繋がるのか、大きな注目を集めているところです。

Alfred Molina Details Doc Ock’s Return in ‘Spider-Man: No Way Home’: ‘The Tentacles Do All the Work’

出典元:https://variety.com/2021/film/news/alfred-molina-spider-man-no-way-home-doc-ock-1234953527/

「マルチ・バース」が何をもたらすのか?

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 04: Cast amd Crew onstage during the Marvel Games Panel at New York Comic Con 2019 - Day 2 at Hulu Theater at Madison Square Garden on October 04, 2019 in New York City. (Photo by Ilya S. Savenok/Getty Images for ReedPOP )

今後のMCUでは、「マルチ・バース」はどんな意味があるのでしょうか?
これまでのフェイズ1〜3では、「インフィニティ・ストーン」を中心に物語が発展していったのに対し、今後はそれが「マルチ・バース」となっていくことが予想されます。
しかしこの「マルチ・バース」の大きな特徴は、異なる世界であるということ。
この「マルチ・バース」から、新たなヴィランやヒーローが現れてくるのかもしれませんし、更なる事件への発展もあることでしょう。
今後のMCUで、「マルチ・バース」がどの様な意味であり、どの様に描かれていくのか…
それは、この後に続く作品たちで明らかになっていくはずです。
「マルチ・バース」が、ワンダやスパイダーマン、ドクター・ストレンジたちヒーローにどの様な困難をもたらすのか…
今後の展開から目が離せなくなり、MCUの世界の広がりはまだまだ続いていきます。

関連リンク

  • 4/22 20:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます