草なぎ剛が投稿した「感謝の弁動画」であがった“後輩ジャニーズ”の名前

拡大画像を見る

 3月19日「第44回日本アカデミー賞」の受賞結果が発表された。最優秀作品賞は内田英治監督の「ミッドナイトスワン」が獲得。トランスジェンダーを題材にした難しい役どころを、俳優、タレントの草なぎ剛が好演し、優秀主演男優賞にノミネートされていた小栗旬、佐藤浩市、菅田将暉らをおさえて、最優秀主演男優賞に輝いた。

 草なぎは自身のYouTubeチャンネル〈ユーチューバー草なぎチャンネル〉で、受賞の喜びを報告。その中で、ジャニーズ事務所時代の後輩にあたる二宮和也の名前があがったことから、視聴者から「清々しい」とのコメントが届いた。

 4月16日に〈日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞&最優秀作品賞を受賞しました!本当にありがとうございます!【ミッドナイトスワン】〉とタイトルした投稿回がそれで、草なぎは「あの場にいられるだけで幸せで満足だったんですけど、最優秀主演男優賞をいただいて」と授賞式を思い出すようにしみじみ喜びの表情を浮かべた。そして、優秀主演男優賞にノミネートされていた二宮和也ともステージを同じくしていたことから、「ニノ(二宮)ちゃんとかもね、『嵐』の時からよく知ってるんですけど、久しぶりに会えて、なんか僕のことを慕ってくれていて、良き後輩というか。後輩というかニノちゃんもね、本当に立派になって。またチャンスがあったら一緒になりたいなって思いますね」と心情を正直に吐露。「つよぽんの口から、嵐、後輩の言葉が聞けて なんか清々しい気持ち」といった視聴者のコメントが届いたのだった。

 草なぎをはじめ、ジャニーズ事務所を退所するタレントが増えている昨今。事務所の垣根を越えて、草なぎが二宮との共演を果たせる日は来るのだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 4/23 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます