「また誘いたい!」と思わせる女子のデートマナー4つ

せっかく気になる彼とデートできることになったのに、たった一度のデート以降お誘いが無くなってしまった……なんて残念ですよね。恋のチャンスを確実につかむためには男性陣に「また誘いたい!」と思ってもらうことが大切です。
そんなふうに男性が誘いやすく、恋愛に発展しやすい女子のデートマナーとはどんなことでしょう?

次のデートにつながるデートマナー

おごってもらって当然という態度をとらない

デートなんだから男性側がおごって当然という態度をとっている人も、次のデートのお誘いは難しいでしょう。ふたりの年齢差や職業にもよりますが、とくに最初の頃は男性におごってもらうことを100%期待するのではなく、半分出しますとか、お茶代は出します、というような心遣いを持つことが大切です。
デートでは相手の金銭感覚や価値観もシビアに見られています。「私も出します」という方が彼女としての好感度は高いでしょう。

車の運転中でも会話を弾ませたり心配りができる

デートだからといってお姫さま扱いを期待していたり、彼がなんでもやってくれると丸投げするような態度では嫌われてしまいます。
このデートを楽しもうというサービス精神が感じられる方が彼だって断然楽しいし、またデートしたいという気分になるでしょう。それがよく表れるのがドライブデート。彼が運転しているのなら会話を弾ませようとしたり、飲み物や小銭を用意してドライブがスムーズにいくよう心配りできるといいですね。

「あなたといるととても楽しい」と素直に表現できる

せっかくデートしているのに緊張して身構えていたり、なぜかスマホばっかりいじっているような女子は失格! どんなに美人できれいでも次のお誘いはやってこないでしょう。デートに誘うからには、女子を楽しませたいというのが男性たちの偽ざる心理だし、狙いでもあります。
どんなデートであれ、笑顔を見せ「あなたといるととっても楽しい」と言葉や態度で素直に表現できる女子は「また誘いたい!」という気持ちになるはずです。

一緒にいて居心地がいい、疲れないと感じさせる

デートがハイテンションで盛り上がったから次も当然アリ! というとそうでもないようです。じつはそのテンションの高さが疲れてしまった、とかなんとなく相手への緊張感が抜けず気疲れした、というのでは恋愛の進展の可能性も低いからです。それよりも一緒にいて居心地がいい、疲れないと感じさせる方がプラスポイント。会話が途切れがちでも沈黙が重苦しくない、気にならないという方が次のデートにも誘いやすいのです。

まとめ

デートだからといって必要以上に気負ったり、緊張しすぎたり、あるいは相手に高すぎるハードルを求めたりするのは一番よくないようです。
相手の反応に気を使いつつ、あくまで自然体に、そしてなによりもデートの時間を楽しもうというする気持ちが伝わってこそ、彼の方も「またデートに誘いたい」という気分になるのでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/23 8:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます