ジモに「また出てきて」「寂しい」“ロス”の声続出「ファルコン&ウィンターソルジャー」

拡大画像を見る

いよいよ、最終話を迎えるマーベルのオリジナルドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」。ファルコンとウィンター・ソルジャーだけでなく、“二代目キャプテン・アメリカ”のジョン・ウォーカーや、マドリプールに身を潜めていたシャロン・カーターなど多彩な登場人物たちの行方にも目が離せない展開が続いている。

そんな本作の中で多くの話題をさらったのが、ダニエル・ブリュール演じるヘルムート・ジモ。第3話で登場すると注目を集めた彼に、再登場を望む声が上がっているという。


第4話でマドリプールを離れたジモたちは、そこでついにワカンダの親衛隊ドーラ・ミラージュから引き渡しを迫られるが、なんとファルコンとウィンター・ソルジャー、ジョン・ウォーカー、そしてドーラ・ミラージュが入り交じり戦っている間に華麗に姿を消してしまう。


そのあまりにも華麗なる逃亡に、このまま本作にはもう出てこないのでは!? と思われたジモだが、先週末に配信された第5話ではかつてソコヴィアが存在した場所に建てられた石碑の前でウィンター・ソルジャーと再会する。


すべてを覚悟したジモはついにその身柄をドーラ・ミラージュに引き渡され、ラフトに投獄されるため連行されていった。ラフトといえば、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でファルコンや、ワンダ、アントマンらが投獄された場所で、超人でも脱走はほぼ不可能な場所。

最後に「さようなら、ジェームズ」とバッキーに別れを告げ、静かに連行されていく姿に、視聴者からは「ここでいなくなるのは寂しい!」「また出てきてほしい!」という反応が相次いだばかりか「ジモ、また脱獄してくれ!」とまさに”ジモロス”が広がることに。


特にヴィランの中でも人気を誇るロキになぞらえて、「ジモにはロキのような地位を確立してほしい」という声もあるほど、今回、人気が急上昇したジモ。ついに今週最終話を迎える本作だが、ジモはミラージュのアヨが言い残したように一生海の中でとらえられてしまうのか、それとも…? 一体どんな展開が待ち受けているのか、最終話も気になるばかりだ。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」最終話は4月23日(金)16時からディズニープラスにて独占配信。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 4/23 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます