新幹線で仙台に行こう!仕事終わりで行ける1泊2日満喫ひとり旅☆

拡大画像を見る

杜の都の愛称で有名な仙台。
みなさんは訪れたことがありますか?
家族、お友達や恋人となかなか予定が合わなくて諦めているそこのあなた。
安心してください。ひとり旅でも十分楽しめるんです!
今回、筆者がおすすめの仙台ひとり旅プランをご紹介します♪
1日目は仕事や予定終わりに出発し、夕方に着いて晩御飯を食べ、1泊。翌日に観光して2日目の夜に帰ってくるものとなっています。
お楽しみに!!


【一人旅1日目】仙台へは大宮から新幹線で行こう♪



東京から仙台までは新幹線で行きましょう!
まず都内から大宮まで行き、そこから新幹線「やまびこ」に乗って仙台へ!
えきねっとというアプリを使って早期予約(※トク30やトク35など)しておけば、JR大宮駅から仙台駅までは片道7,000円程で行くことができます!(通常は片道1万円程。)時間も片道1時間半から2時間程!
仕事や用事で半日埋まっていても、その後から気軽に向かうことができるため、ひとり旅にはうってつけ♪

早めに日程だけ決めて、えきねっとで新幹線の切符を予約しちゃいましょう!

※トク30(35)…30(35)日前に予約した際の、お得な割引価格。


詳しくはこちら


一人旅初日!仙台に着いたら、晩御飯に牛タンを食べよう♪



さあ、仙台に着きました!
夕暮れ時、そろそろお腹が空いてきましたよね?
1日頑張った自分へのご褒美もかねて、美味しい牛タンを食べに行きましょう♪
ひとり旅なので、自分で何でも決められちゃうのが良いところです!


仙台にある牛タン屋さんを目指して商店街散策♪一人旅ならではの楽しみを◎



仙台には、牛タンの名店が至る所にあります。
どのお店にしようか見て歩くのも楽しいと思うので、商店街の中を進むのをおすすめします!
時間を気にせずに自分のペースでぶらぶらできるのもひとり旅の良さ!
右も左も美味しそうな牛タン屋さんが並んでいて食欲はMAX!
商店街から路地に入るのも◎
筆者が訪れた時は、ちょうど「仙台七夕まつり」の日でした。そのため、仙台の街中がお祭りムードで賑わっていて楽しかったです♪


仙台の一人旅でも入りやすい◎地元の人に愛されるお店、「旨味太助」




やってきたお店は、情緒あふれる老舗牛タン屋「旨味太助(うまみたすけ)」。

仙台にはたくさんの牛タン屋がありますが、こちらのお店は創業以来変わらず、塩味の牛タン焼き一本にこだわり続けています。
約60年も伝統を貫いてきたのは、「塩が牛タンの旨味を最大限に引き出す」という先代の教えを大切に守り抜いているからなんだそう♪



お皿の上にはたくさん牛タンが盛られています。とってもボリューミー!!
塩加減は絶妙で、素材の旨さを最大限に引き出しています。とっても美味でした♡
それなのに、値段もとってもリーズナブル!
なので、リピーターも多いそう!全国にいる多くのファンがわざわざ仙台まで駆けつけます☆
筆者も、次回仙台に行く時にはまた訪れたいと思います!

牛タンの他には、テールスープも看板メニュー!
美味しいスープの中には、牛すじがふんだんに入っておりました。たまりません♡
スープ好きの筆者は本当に和まされました。

お店の雰囲気は、老舗なだけあって昭和っぽさが所かしこに残っており、どことなくノスタルジック。
懐かしい気分になれます!
また、店内には「太助」と描いてある大きな将棋の駒があるのでぜひご覧になってくださいね♪

仙台に行ったら、「旨味太助」へぜひ!


<スポット情報>
旨味太助
住所: 宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11 千松島ビル 1F
電話: 022-262-2539



宿はビジネス旅館でコスパ良く!仙台の一人旅を満喫するために◎




お腹もいっぱいになったら宿へ!
今回筆者がおすすめしたいのは、「ビジネス旅館 さとや」。
ひとり旅なので、お安く泊まれると嬉しいですよね。
この旅館は、仙台市でもコスパ抜群の宿として評判なんです!!

中に入ると、看板的存在のにゃんこがお出迎えしてくれます。
とっても人懐っこくて癒されました♡



部屋にはテレビとエアコンが付いています。
お風呂は共用ですが、のんびりと入ることができました!
ひとり旅には十分すぎました。

そしてなにより、店主のお父さんがとっても優しくてホスピタリティあふれる方なんです!!
気配りやサービスが素晴らしく、それだけでも泊まる価値があります♪
実際に泊まらないとこの気持ちは共有できないと思うので、ぜひ仙台にひとり旅したら「さとや」に宿泊してくださいね♪


<スポット情報>
ビジネス旅館 さとや
住所: 宮城県仙台市泉区松森後沢8-5
電話: 022-772-3153



【仙台一人旅2日目】ブランチを食べに海鮮市場へ!



pixta.jp


(写真はイメージです)


昨晩は美味しい牛タンを食べましたよね。
でも仙台は牛タンだけじゃないんです!2日目は、海鮮をご紹介したいと思います!

東北地方は美味しい海鮮を食べることができる、なんてイメージお持ちの方も多いかと思います。
仙台の塩釜港は、中でもマグロの漁獲高が日本トップクラス!
そんな塩釜港のそばにある「塩釜水産物仲卸市場」では、まぐろをはじめとした新鮮な海産物を食べることのできる、とっても魅力的な観光スポットなんです。
ひとり旅なので、自由気ままに海鮮を食べ尽くしましょう!


マイ海鮮丼を作って仙台一人旅の思い出に♪



「塩釜水産物仲卸市場」には、場内に5箇所のお食事処が併設されています。
ここで凄いのは、市場で購入した海産物をその場でマイ海鮮丼にして食べられることなんです♪

税込み300円でお吸い物付きのどんぶりご飯を購入することができます。
そこに、自分が場内で買った海鮮を好きなだけ盛り付けることができるんです!
いわば、世界に1つだけのマイ海鮮丼を作れるんですよ♪
せっかくのひとり旅、周りを気にせずにどんどん海鮮を乗っけちゃいましょう。

どんなオリジナル丼が出来上がるかわくわくしますよね!



筆者は写真のような「マグロうに丼」にしました!
新鮮すぎて、たまりませんでした♡

みなさんも自分好みの丼を作ってくださいね♪


自由焼炉でお魚を焼くことも仙台ならでは!一人旅がより楽しくなる☆




また、自由焼炉では場内で買った海産物を自由に焼くことができます。

筆者はホッケを焼きました!
焼き上げるのに少々時間はかかりましたが、その分食べた時の喜びが増したように思います。
こんなにホクホクで美味しいホッケは初めて!

どんな仕上がりになるか気になる方はぜひ自由焼炉で焼いてみてください♪


<スポット情報>
塩釜水産物仲卸市場
住所: 宮城県塩竈市新浜町1-20-74
電話: 022-362-5518



一人旅は即行動♪腹ごしらえも済んだら、日本三景の仙台の「松島」へ!


pixta.jp


海鮮丼で腹ごしらえも済んだら、お次は日本三景の松島へ!(日本三景観光連絡協議会 公式ホームページ抜粋)
仙台と言えば松島!と思っていた方も多いかと思います。

松島は、朱色の福浦橋が特徴的。
260の島々が浮かんでおり、その美しい風景に昔から人々は魅了されてきました!
松尾芭蕉を旅に駆り立てたことでも有名ですよね。

筆者も、悠久の自然を感じられてとっても満足◎
時間を忘れてのんびりできるのはひとり旅ならではの醍醐味!

ぜひともみなさんにも足を運んでいただきたいです♪


<スポット情報>
松島町
住所: 宮城県宮城郡松島町高城字帰命院下一19-1
電話: 022-354-5701



東京に帰る前に仙台の一人旅の疲れを温泉で癒そう!



一通り観光も終わり、あとは東京に戻るだけですがその前に!
仙台でひとっ風呂浴びときたいですね。温泉「絶景の館」で汗を流しましょう!

絶景の館は、松島から車で数分の所にあります。
露天風呂から臨む松島は絶景そのもの!

旅の疲れも癒え、明日からまた頑張ることができるでしょう♪
ひとり旅の締めくくりには最高です。



筆者は、風呂上がりの牛乳と一緒に生ずんだ餅をいただきました!
牛乳の甘さと、ずんだの甘じょっぱさが絶妙なハーモニーでした♪

みなさんも仙台旅行の間に一度は食べてみてくださいね!


<スポット情報>
松島温泉 ホテル 絶景の館
住所: 宮城県宮城郡松島町松島字東浜4-6
電話: 022-354-3851


帰る前に仙台駅でお土産を買おう♪一人旅の締めくくり◎



仙台土産といったら、やっぱり萩の月!

ふわふわで柔らかい生地と、中の甘くて優しいクリームが絶妙!
なかなか良いお値段しますが、それでも買いたくなっちゃう美味しさです。

お土産に喜ばれるのでぜひ買って帰ってはいかがでしょうか♪


www.amazon.co.jp

萩の咲き乱れる宮城野の空に、ぽっかり浮かぶ名月をかたどった銘菓。まろやかでやさしい風味のオリジナルカスタードクリームを使い、ふんわりとした高級カステラで包みました。


仙台一人旅のフィナーレ◎帰りもやっぱり新幹線!



帰りもやまびこでJR仙台駅から大宮駅まで帰ります!
ひとり旅で楽しかったことを思い出しているとあっという間に大宮に着くんじゃないでしょうか!



そして、新幹線での醍醐味と言えば駅弁ですよね!
仙台ひとり旅、牛タンで始まったので牛タン弁当でしめてみました!ビールもあるとなおハッピー♪

みなさんも晩御飯にお好きな駅弁を買ってみてくださいね!


思い立ったら仙台へ!1泊2日で十分楽しめる一人旅☆



いかがでしたか?
今回は、東京から夕暮れ時に仙台へ行き、一泊して次の日の晩には東京に戻ってくる仙台ひとり旅プランをご紹介しました!
プレミアムフライデーが始まったこともあり、みなさん金曜日に旅しやすくなったのではないでしょうか?
そんな時は、ぜひ仙台へ行きましょう!ひとり旅でも十分楽しむことができますよ。
杜の都仙台、ご飯が美味しく自然も豊かで癒されること間違いなし♡


関連リンク

  • 4/23 13:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます