木村拓哉&工藤静香、白昼堂々“アイス舐め合い”「欧米か!」デートの衝撃!!

拡大画像を見る

 昨年12月に結婚20年目を迎えた木村拓哉(48)&工藤静香(51)夫妻。芸能界のおしどり夫婦として知られる2人の“蜜月”は、今もなお続いているようだ。

 4月23日発売の『FRIDAY』(講談社)が、木村夫妻が仲むつまじく散歩デートを楽しむ様子を2ショット付きで報じた。記事によれば、2人は2匹の愛犬「エト(エトワール)」と「アム(アムール)」を連れて、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスを訪れ、途中、立ち寄ったアイスクリーム店のアイスを交互に食べ合うシーンなども見られたという。

「記事には≪静香の誕生日の2日前≫とあるので、4月12日のことでしょう。メインの2ショットは2人ともマスクやキャップをしていますが、写真からも隠し切れない芸能人オーラが漂っています。周りに人がいないタイミングなのか、あご下にマスクをずらして顔が“オープン”になっているショットもありました。2人のことは老若男女問わず多くの人が知っていますし、SNS上にも日常的に登場している愛犬まで連れているので、さすがに周囲の人たちも気がついたのではないでしょうか」(女性誌記者)

 白昼堂々“アイスの舐め合い”をしていたという記述も気になるところだが……。

■ラブラブすぎる木村夫妻の日常に「欧米か!」「ホントにこんな夫婦いるのかよ!」

「人目もあるところだと思われますし、こんな場面がパパラッチされること自体、さすがに“欧米か!”とツッコミたくなりますね。でも、熟年になっても若い恋人たちのようにアイスを交互に舐め合うなんて、本当に仲のいい夫婦でないとできませんよ。うちなんてアイスどころか、コロナを理由に歯磨き粉までキッチリ分けられていますから(笑)。

 木村の愛妻ぶりは業界でも有名ですし、夫婦仲にしてもこの20年間悪いうわさはほとんど聞こえてこない。庶民から見ると≪ホントにこんな夫婦いるのかよ!≫と言いたくなるようなあまりにも理想的すぎる夫婦像のように思えますが、こうしたナチュラルな愛情表現は木村夫妻にとって“日常”なのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 長女のCocomi(19)や次女のKoki,(18)の露出も含めて、年々存在感を増している木村ファミリー。成功の秘訣は全て“夫婦円満”に起因しているのかもしれない。

関連リンク

  • 4/23 13:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • コロナなのに舐め合いするなよ。

  • ・・・普通じゃねぇの(笑)夫婦だし。 恋人同士でもするだろ、昭和かよ(笑) ってかコロナなんだし、パパラッチも禁止にしたら?(笑)

記事の無断転載を禁じます