【川崎・幸オープン結果】アングライフェンが人気に応えて快勝

拡大画像を見る

 22日、川崎競馬場で行われた幸オープン(4歳上・オープン別定・ダ2100m・1着賞金600万円)は、道中は中団でレースを進めた今野忠成騎手騎乗の1番人気アングライフェン(牡9、大井・高野毅厩舎)が直線で後続を豪快に突き放し、6番人気フレッチャビアンカ(牡4、船橋・川島正一厩舎)に2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分18秒7(良)。

 さらに1/2馬身差の3着には5番人気シャイニングアカリ(牝5、川崎・佐々木仁厩舎)が入った。2番人気に推されていた、一昨年の東京ダービー馬ヒカリオーソ(牡5、川崎・岩本洋厩舎)は11着に終わった。

 アングライフェンは父ステイゴールド、母レッドスレッド、その父パントレセレブルという血統。前走は浦和の準重賞・‘21武蔵国オープンで2着だった。通算成績はこれで56戦9勝。

関連リンク

  • 4/22 21:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます