早く付き合いたいのに!なぜか告白してこない男性心理とは

拡大画像を見る

 付き合っているのかどうかハッキリしない状態は、女性にとってモヤモヤしてしまうもの。気になる彼と明らかにいい雰囲気なのに、なぜか告白をしてこない男性っていますよね。そんな、なかなか告白してくれない男性の心理をみていきましょう。 


現状に満足している

告白しない男性の気持ちとして、「今の2人の関係性に満足しているから」という理由があります。告白をすることで起こりうるリスク、たとえば「もしかすると振られてしまうかも」とか、「今の関係性が壊れてしまうかも」という不安を、男性が抱いている可能性もあります。現状、仲が良く、楽しくデートができていれば、わざわざ告白をする気持ちにならないのかもしれませんね。 


本命ではない

残念ながら、その女性が男性にとって本命ではなく、遊び相手だったり友達のひとりだったりした場合、告白される可能性は少ないでしょう。中には女性からの好意を感じているのに、あえて付き合っているかどうかを曖昧にする、ズルい男性もいます。好きだからといって、付き合ってもいないのに身体を許してしまったり、好きという気持ちにつけ込まれたりということがないように気をつけましょう。 


真面目すぎる

真面目な男性に多いのが、「自分の気持ちが100%になったら告白しよう」という理由から告白をしてこないパターンです。愛情を伝えることを含め、付き合うこと自体をとても大切に考えているため、中途半端な状態では告白はしたくない心理が働いてしまうのでしょう。それでも今、彼といい関係を築いているなら、告白されるのはそんなに遠い未来ではないかもしれません。あなたからの好意をアピールするほか、彼にもっと好きになってもらえるようにさらなる自分磨きをしてみてはいかがでしょうか? いかがでしたか?なぜか告白してこない男性心理には、真面目なものからズルいものまで、さまざまなものがあるようです。誠実さを感じない関係性は、「いい恋愛をしている」とはいえないでしょう。あなたからハッキリさせる、というのもひとつの手かもしれませんよ。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/22 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます