パトリック・デンプシー、金融を操る“悪魔”役は「楽しい挑戦」ドラマ「DEVILS」を語る

拡大画像を見る

「グレイズ・アナトミー」のデレク・シェパード役でブレイクしたパトリック・デンプシーが出演する海外ドラマ「DEVILS~金融の悪魔~」が、本日4月23日(金)より配信スタート。大手投資銀行のCEOという、かつてない役柄に挑んだ彼が、本作について語った。

本作は、イタリア出身の株式トレーダーが2008年のリーマン・ショックからインスピレーションを得て執筆し、大ヒットした小説のドラマ化。実際の金融危機や汚職事件がストーリーに織り込まれているほか、当時のニュース映像が組み合わさった真に迫る描写が見どころとなっている。


そんな本作で、大手投資銀行のCEOであるドミニク・モーガンを演じるデンプシー。今回解禁となった映像で彼は、その役どころについて「彼は支配欲の塊なんだ。慎重で明確な目標を持つ。もう富には興味がなくて優先事項は支配と権力だ。目標は世界をリードすることだよ。だから銀行や組織を管理下に置くことは発展上の通過点だ」と、ただ者ではない人物像であることに言及する。


米・医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」をはじめ、『近距離恋愛』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』などのイメージが強かった彼が、強欲なCEOをダークな表情で演じており、「過去に演じた役柄とはまったく異なるんだ。だからこの役を引き受けた。普段との落差に興奮するよ。毎日が楽しい挑戦なんだ」と、オファー時の裏話と率直な気持ちを語ってくれた。


さらに、映像では収まり切らなかったインタビューコメントも到着。まず、本作の企画のどこに魅力を感じたかについては「とても気に入った。アメリカ人の視点から見ることに慣れていた経済界を、ヨーロッパ人の視点から描いていることにも魅力を感じた。新鮮だと思ったよ」と本作の特徴でもある国際性に言及。

また、「SUBURRA -暗黒街-」での好演が話題のイタリアの新星、アレッサンドロ・ボルギが演じるマッシモと、ドミニクの複雑な関係について「ドミニクは支配力を維持するためにマッシモを必要としている。2人の関係の脆弱性は、ドミニクの弱点にもなっている」と明かす。


「マッシモに対するドミニクの愛情は、真実の愛だといえるし、彼らの関係は仕事上だけのものではないんだ。だからマッシモが期待を裏切るようなことをするとドミニクはひどく落胆するし、その一方でマッシモになら自分の弱さを見せることもできる。深い愛で結ばれているからこそ、彼らは互いの裏切りを深刻に受け止めるんだ。誰が最初に誰を裏切るのか、そして裏切る理由は何か。それが、このシリーズの見どころのひとつだ」と今後の展開について触れ、「そのすべての鍵となっているのが忠誠心で、それは“悪魔”たちのもっとも魅力的な一面でもある」と示唆する。


国際色豊かな共演者たちとの現場の雰囲気については「キャストはローマで一緒に“休暇”を過ごしている仲だから、非常に親密な間柄だった。撮影現場は素晴らしい雰囲気」とふり返り、「様々な言語が飛び交うなかで仕事をするのは、正直とても大変だったよ。でも、僕はそうしたプロセスを心から楽しいと感じていた」と、慣れない環境でも楽しむという彼らしいスタンスも明かした。


銀行家という職業について聞かれると「問題となるのは、拝金主義や資本主義、そして資本主義と民主主義の持続可能性だ。それらは、このシリーズのテーマにもなっている」と、本作のメッセージを考えるうえで大事な姿勢を示してくれた。

ストーリー


米大手投資銀行ロンドン支社のトップトレーダー、マッシモ(アレッサンドロ・ボルギ)は副社長就任目前で何者かに仕掛けられたスキャンダルに巻き込まれる。その矢先、オフィスで死亡事故が起き捜査の矛先がマッシモに向けられてしまう。彼を陥れたのは誰なのか、ユーロを破滅させようとする恩師と組むべきか阻止するべきか、ヨーロッパ経済の崩壊が迫る中、マッシモは決断を迫られる――。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 4/22 19:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます