自宅で本格的なアジアンフードが楽しめる!無印良品「手づくりキット」新商品を食べ比べ

拡大画像を見る

簡単な調理をするだけで、自宅で本格的なアジア料理を楽しめる無印良品の「手づくりキット」シリーズに、新商品10種がラインアップしました。今回は、その中からおすすめの3品をピックアップし、実際に作ってみました。


●スパイシーな本格タイ料理「手づくりキット ラープ(タイのライムとハーブの辛口そぼろ)」



「手づくりキット ラープ(タイのライムとハーブの辛口そぼろ)」(290円)は、炒めたひき肉を加えるだけでタイのスパイシーなサラダ、ラープが楽しめる一品です。


中には、ライムを使ったラープソースとかやく(ハーブミックス)、唐辛子の入ったラープパウダーの3つが入っています。炒めた豚ひき肉と、薄切りにした玉ねぎと小口切りにした小ねぎ、ラープソースとかやく、ラープパウダーを入れて混ぜ、ご飯に盛り付けるだけで完成です。ミントやパクチーをトッピングしたり生キャベツを追加すれば、より本格的になります。


辛み、酸味、甘みのバランスがちょうどよく、スパイスの風味もしっかり感じられておいしい! 辛すぎるわけではないのでとても食べやすいです。レモングラスの酸味が強く、本格的なタイ料理に仕上げています。

●あっさり味で食べやすい「手づくりキット フォーガー(ベトナムの鶏スープ麺)」



ベトナムの代表的な麺料理であるフォーを手作りできるのが「手づくりキット フォーガー(ベトナムの鶏スープ麺)」(290円)。スープと麺が入っているので、具材を用意するだけでOKです。


水を入れた鍋にフォーガースープの素とそぎ切りにした鶏肉、ニラを入れて茹で、器に茹でたフォーの麺とスープ、具材を入れれば完成です。


一口スープを飲んでみると、鶏のだしが効いていて、しっかりとしたうま味を感じます。あっさりしていてクセもありません。筆者は鍋で具材を煮る際に玉ねぎを追加してみました。ヘルシーなだけでなく、野菜のうま味が出ておいしさがアップ。もやしを入れてみてもよさそうです。麺は噛めば噛むほど甘みが広がります。長さは短いものの、コシがあるのでかなり食べ応えがありました。

ちなみにエスニック料理おなじみのナンプラーは入っていないので、あの独特な香りが苦手な人でもサッパリ食べられます。本格的な味を求めている人は、ナンプラーを用意して“ちょい足し”してみてくださいね。自分で好きな味を調整できるのも、「手づくりキット」シリーズの魅力です。

●熱湯を注ぐだけで完成!「手づくりデザート マンゴープリン」(390円)



自分で手作りするのはなかなか難しいマンゴープリンも、「手づくりデザート マンゴープリン」(390円)なら簡単にできちゃいます!


ボウルに熱湯とマンゴープリンミックスを入れてよくかき混ぜ、さらにマンゴーソースを加えて混ぜ合わせます。容器に入れて室温で冷ましたら、ラップをかけて冷蔵庫で2~3時間冷やし固めれば完成。1つのキットでマンゴープリン4個分ができあがります。


作っている最中から、マンゴーのみずみずしい香りが漂ってきました。冷蔵庫から取り出して食べてみると、思っていた以上にプルプル! マンゴーのフレッシュな甘さも感じられ、店で食べるような味わいでした。熱湯を注いだだけでこのクオリティーのマンゴープリンが食べられるのは、ちょっと感動かも。

このほかにも「手づくりキット ルーローハン(台湾の豚肉甘辛スパイス煮)」や「手づくりキット ゴイクン(ベトナムの生春巻き)」「手づくりデザート 杏仁豆腐」などが新たに仲間入りしています。手軽に自宅でアジアンフードが楽しめる無印良品の「手づくりキット」シリーズで、アジア旅行気分を味わってみてはいかがですか?

(富士みやこ)

関連リンク

  • 4/22 17:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます