横浜市電保存館で「横浜市営交通100周年記念写真展&花電車展示」開催中


横浜市電保存館では、横浜市営交通100周年を記念し、横浜市営交通100周年記念写真展&花電車展示を2022年3月21日(月)まで開催している。

写真展「ちんちん電車の走っていた懐かしい横浜」


写真展「ちんちん電車の走っていた懐かしい横浜」では、昭和40年代の市電が走っていた懐かしい横浜の写真を展示。


開催期間中は展示替えを実施し、5月30日(日)までは第一回「山元町 前篇」を、6月1日(火)~7月31日(土)は第二回「山元町 後篇」を展示予定。

「ありがとう100周年」花電車展示


また、「ありがとう100周年」花電車展示では、市電の時代、記念日や行事にあわせて車両を装飾し運行した「花電車」を再現。

「花電車」の再現は市電保存館の人気の展示で、今年は市営交通100周年を記念した「ありがとう100周年」バージョンに装飾。小学生が「未来の市営交通」に向けて作成したメッセージボードを展示している。

横浜の街とともに歩んできた横浜市営交通

横浜市営交通は、2021年4月1日に100周年を迎えた。1921年、路面電車でスタートし、関東大震災や空襲を乗り越え、バス、トロリーバス、地下鉄と、横浜の街とともに歩んできた。


今回の写真展「ちんちん電車の走っていた懐かしい横浜」の一部は、横浜市電保存館YouTube公式チャンネルでも公開中。気になる人はチェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 4/22 17:43
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます