吉田羊“トキコ”「顔のシミを取りたい」と言い出した國村隼“哲也”に困惑!?

拡大画像を見る

吉田羊と國村隼が親子役でW主演するドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第3話が、4月23日に放送される。

原作は、ラジオパーソナリティ・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める“独身のカリスマ”ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公・蒲原トキコ(吉田)とその父親・蒲原哲也(國村)が織りなす、おもしろ可笑しくて、ときどき切ない家族のドラマが描かれる。

第2話の放送後、老いた叔母を見送るという内容に、インターネット上では「今回のはちょっと見るのきつくなるくらい、リアルだったなぁ……」「誰かを失ったことがある人には今回の内容は強く響くはず」と共感の声があふれていた。

<第3話あらすじ>
父(國村)から、食物アレルギーの疑いがあると一報を受けたトキコ(吉田)は、病院に連れていくことに。

しかし、診断結果は何事もなく、せっかく来たからという理由で突然「顔のシミを取りたい」と言い出す父。呆れたトキコは学生時代からの女友達である北野(中村優子)とミナミ(石橋けい)に愚痴を言う。

いまや「男性の美容」は普通のものだと頭ではわかっているはずのトキコだったが……。

関連リンク

  • 4/22 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます