「マドリーは決して諦めない」マルセロが3-0で快勝したカディス戦を総括

拡大画像を見る

21日(水)、レアル・マドリーのDFマルセロは、3-0で勝利したラ・リーガ第31節カディス戦を振り返り、『Movistar』のインタビューでコメントを残した。

この日先発出場したマルセロは、同一戦でのチームの姿勢を評価した。
「僕たちは意欲を持って臨み、彼らのトランジションの中でボールを盗むことができた。それが0-2の得点につながったね。それが僕たちのゲームプランだったよ」

また、リーガは毎試合が難しいことを強調し、「リーガでは簡単な試合はないことを知っている。それほど厳しくないように見えたかもしれないけど、僕たちはとても良かった」と総括した。

ブラジル人はこの日、2ゴール1アシストを記録したカリム・ベンゼマについても触れ、同選手を称えている。
「多くの助けとなる。彼の資質を知っているからこそ、僕たちはそれを生かさなければならないね」

マルセロは、リーガとチャンピオンズリーグの2冠獲得を信じているようだ。
「マドリーは決して諦めない、毎試合戦うつもりだ。僕たちはチャンピオンズリーグの準決勝に進出しており、とても興奮している。この瞬間を楽しまなければならないよ」

関連リンク

  • 4/22 12:28
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます