カブトムシやサソリ、カエルなど 「面白グミ」が作れるクッキングトイ

拡大画像を見る

バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、ドキッとするような面白いグミが作れるというクッキングトイ「グミップルラボ ドキッとステーション」を2021年4月24日から順次発売する。

数種類の色を使えばよりリアルに

本物と見間違えるほどリアルな"昆虫グミ"などが作れる。ジュースやシロップなど色の付いた飲料とゼラチンを混ぜ、付属の「湯せんステーション」で温めながらハンドルを回して作るグミ液を専用の型「グミトレイ」に流し込む。

冷やしたあとトレイから剥がし、固まったパーツを付け合わせれば「カブトムシ」や「サソリ」、「カエル」などをかたどったグミが完成する。出来上がったグミは食べることが可能だ。同梱する道具などは試験管などがモチーフで、「ラボシート」を敷いて実験気分でグミ作りを楽しめる。

取扱説明書には13色のグミ液の作り方「グミカラーチャート」を掲載。色の異なる数種類のグミ液を使うことで、よりリアルでオリジナリティのあるグミ作りが可能だ。

グミトレイ×6枚、試験管×2本、ビーカー×2個、ミキサー、グミベース、湯せんステーション、ピンセット、計量スプーンなどを同梱する。

また、「グミップルラボ」シリーズから、「ガラスの靴」や「宝石」などガラス細工のようにキラッと輝くグミが作れる「キラッとステーション」も同時発売する。

いずれも価格は3850円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 4/22 14:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます