ザック・エフロン、真剣交際の恋人と10か月で破局 友人が認める

拡大画像を見る

ザック・エフロンが、元カフェスタッフの恋人ヴァネッサ・ヴァルダレスと交際10か月で破局してしまったようだ。ザックの友人でラジオ・パーソナリティのカイル・サンディランズが自身のラジオ番組で語った。

「『デイリー・テレグラフ』紙が言っているだけじゃないんだ。ぼくは昨日ザックと話したから(破局を)認めることができる」と2人の破局を明らかにした。破局時期は「最近のことだよ。とは言っても、昨日なんていう最近ではないけれど。2人はそれぞれの道を進んでいる」とのこと。

昨年の夏、ザックはオーストラリアのカフェで働いていたヴァネッサと出会い、交際がスタート。ザックはNetflixの「ザック・エフロンが旅する明日の地球」という旅番組に出演しており、ヴァネッサはザックの旅行に付き添えるように9月に仕事を辞めた。今年1月にはザックがロサンゼルスの自宅を売りに出し、オーストラリアで物件を探していることが報じられた。その後、バイロン・ベイに借りた邸宅で一緒に住み、婚約説が飛び出すほど「真剣な関係」を築いていると伝えられていたが…。

カイルは破局について「大きな揉めごとがあったわけじゃない」と説明。「ザックが仕事をしていないときは、2人は浜辺の豪邸に住んでランチをしたり、多くの時間を一緒に過ごしていた。でも仕事となると、現実にまっすぐに引き戻される。残念なことだ」と話した。

(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 4/22 13:45
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます