桑田佳祐監督『稲村ジェーン』公開から約30年、初のブルーレイ&DVD化決定

 サザンオールスターズの桑田佳祐が監督・音楽を担当した映画『稲村ジェーン』(1990)が、公開から約30年を経て初のブルーレイ&DVD化されることが決定し、サザンオールスターズのデビュー43周年記念日となる6月25日に発売されることがわかった。

 映画『稲村ジェーン』は、1964年に開催された東京オリンピックの翌年、1965年の鎌倉市稲村ヶ崎を舞台に、オリンピックが終わって時代が変わる、次から次へといろいろな“波”が打ち寄せてくる、その渦中の若者たちのひと夏を、音楽と共に描いた作品。監督・音楽を桑田が担当し、俳優の加勢大周、金山一彦、的場浩司、女優の清水美砂らが出演した。

 1990年当時、ミュージシャンが映画監督を務めるという他に類をみない挑戦的な作品であったにも関わらず、同年公開の日本映画で5本の指に入る350万人を動員しメガヒットを記録。また、監督を務める桑田の手によって10数曲もの新曲が書き下ろされ、主題歌であるサザンオールスターズの「真夏の果実」、挿入歌の「希望の轍」をはじめとして、時代を超えて多くの人々に愛され続ける数々の名曲が生み出されたという、伝説の“音楽映画”となっている。

 1991年にレーザーディスク、VHSとして発売されて以降は、映画館だけでなくTV・インターネットも含めて、現在は観ることがほぼ不可能な伝説の作品と化していたのだが、公開から約30年の時を経て、ついにブルーレイ&DVD化されることが決定。本編映像は当時のテープをデジタル・リマスタリング化し、2021年現在の最新技術によるエモーショナルな映像と音で、究極の音楽映画『稲村ジェーン』の世界に没入できるようになっている。

 なお完全生産限定版には、主人公ヒロシの愛車であり、この映画の象徴的な存在として登場するダイハツ“ミゼット”の1/50ミニチュアモデル(稲村ジェーン オリジナルカラーver.)や、場面写真や当時のスタッフが大切に保管していたという桑田の直筆による撮影コンテなどを掲載して製作されたスペシャルフォトブックが付属予定。さらに限定版・通常版共通で、映画本編とは別に特典DVDが収録されることも決定した。

 奇しくも今年は、この映画のモチーフとなっているサーフィンが公式種目に加わった東京オリンピックがいよいよ開催されようとしている年であり、さらに、サーフィンの伝説大会「稲村クラシック」の前身である「イナムラサーフィンクラシック」初開催から40年という節目の年。そんな記念すべき年にブルーレイ&DVD化される本作に注目だ。

 映画『稲村ジェーン』初のブルーレイ&DVDは6月25日発売。価格は、完全生産限定版(30周年コンプリートエディション)が1万1000円(税込)、通常版が7700円(税込)。

◆桑田佳祐コメント
今から約30年前。まだまだひよっこの私が監督のみならず、欲張って主題歌や音楽もやってしまったという、若気の至りの極致ともいえる作品。そんな『稲村ジェーン』が今更ながら作品化されるとのこと。うれしくもあり、同時に恥ずかしい気持ちもいっぱいです。

あのとき映画を作らせていただいたこと、そして同時に並行して音楽も作ったことなどは、我が人生を振り返っても本当に大きな経験であり、大切な財産となりました。計り知れないほど沢山のものを習得出来ましたし、その後の私にとって大いなる糧になりました。あの時関わっていただいた皆さんには、ただただ、感謝の想いで一杯です。本当に、ありがとうございました!!

映画そのものの出来? これは全て監督であるアタシの責任であります(汗)!! どうか大目に見てやってください。

「暑かったけどヨゥ、短かったよナァ、夏。」
そんなふうに感じられる季節が、どうか今年は皆様のもとにやってきますように!!
桑田佳祐

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/22 11:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます