関西地域限定!モスバーガーが毎年恒例「淡路島産たまねぎ祭り」を開催


4月26日(月)~5月中旬、モスの協力農家(※1)の畑で栽培された淡路島産の新たまねぎを使用した「2021年度淡路島産たまねぎ祭り」が、関西地域の「モスバーガー」155店舗にて開催される。

毎年恒例「淡路島産たまねぎ祭り」

「淡路島産たまねぎ祭り」は、2016年に中国・四国地域で初開催して以降、たまねぎが旬を迎えるこの季節に毎年開催してきたイベント。2017年には兵庫県でも初開催し、2019年には関西地域まで対象エリアを広げて、淡路島産の新たまねぎを使った商品を販売した。

今年は、特に販売要望の高い関西地域限定で、「淡路島のこだわり農家さんがつくった たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立て」と「淡路島のこだわり農家さんがつくった たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立てチーズ入り」を期間限定で販売する。

生の『新たまねぎ』をたっぷりサンド


「淡路島のこだわり農家さんがつくった たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立て」420円(税込)は、淡路島産のたまねぎの中でも、特に甘みが強く、みずみずしくてやわらかい、生食にも適した『新たまねぎ』を生でたっぷりと使用したハンバーガー。

グリーンリーフとジューシーなパティに、オリジナルのたまねぎバーガー用ソースと、輪切りにスライスした淡路島産新たまねぎをたっぷりのせ、その上からさらに、たまねぎバーガー用ソースをかけ、最後にかれ節(※2)原料として使用したかつお節をトッピングしている。

オリジナルのたまねぎバーガー用ソースは、醤油をベースに濃縮クランベリー果汁を加えた、爽やかな和風ソースだ。

マイルドなチーズ入りも!

また、「淡路島のこだわり農家さんがつくった たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立てチーズ入り」450円(税込)は、「たまねぎバーガー」にスライスチーズを加えた、マイルドな味わいのハンバーガーとなっている。

なお「モスバーガー」では、店舗の休業や営業時間の変更および、メニューの一部を販売中止している場合があるので、詳しくは公式HPをチェックしてみて!

※1 同社が独自に関係構築した全国約2,400軒(2021年度)の農家のこと。できるだけ農薬や化学肥料に頼らない方法で栽培している。
※2 かつお節の製造過程において、かつお節菌(麹菌の一種)というカビをつける作業をしたもの。

画像をもっと見る

  • 4/22 13:22
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます