元テレ東・鷲見玲奈アナ「胸は強調してない」!“鷲パイ”呼びに大憤慨

拡大画像を見る

 4月16日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、フリーの鷲見玲奈アナウンサー(30)の発言が注目を集めた。今回は、鷲見アナ以外に、アンタッチャブル、シソンヌの長谷川忍(42)、声優の木村昴(30)、伊集院光(53)がダウンタウンの松本人志(57)とトークを繰り広げた。話を振られた鷲見アナは「衣装ってどうやって決めてますかって話なんですけど」と切り出し、「私、局アナ時代に、結構ピタッとしたニットを着ることが多くて、それがなんか胸を強調したいからだみたいな感じで言われてたことがあったんです」と告白。

 鷲見アナは「私の中では、フワッとした衣装を着ると体の骨格的にゴツく映ってしまう」「それでピッタリした服を着て、痩せ見えをしたかっただけなんです」と説明。共演者たちはそれについては特に何も言っていなかったが、この鷲見アナの発言に、一部視聴者からは「いやいや、スタイルに自信がないとタイトなニットなんか着ないでしょ」「痩せ見えとか意識してる時点で胸も意識してるんじゃないか」という声が上がった。

 その後、松本が「かれこれ40年やってるんですけど、もう師匠って俺は絶対言われない」「師匠ってなんなの?」という疑問を語り、「松っちゃん」に代わる新しい呼び名をみんなで考えていた流れで、伊集院が「アナウンサーって呼び名あるじゃないですか。俺、あれって諸刃の剣だと思って」と発言。特にフジテレビがそうだといい、三田友梨佳アナウンサー(33)を“ミタパン”、かつてフジテレビに在籍していた加藤綾子アナウンサー(35)も“カトパン”、などと呼ばれており、「ニックネームが完全につくとニュース読みづらくなりますよね」と続けた。

■納得はしていない!

 元テレビ東京の鷲見アナが「“パン”はフジテレビのアナウンサーの特権みたいな感じで。でもちょっと憧れみたいなのはありましたよ」と語ると、松本が「テレ東はそういうのないの?」と質問。鷲見アナは「パンをもじって、鷲見“パイ”とか呼ばれたりします」と答えたが、松本や共演者は「鷲見パイ?」ザワザワ。アンタッチャブルの柴田英嗣(45)は、「単純に鷲見さんの、そういうことでしょ」「おっぱい案件の話ですよ、たぶん」と苦笑い。

 松本に「本人、納得してないでしょ?」と聞かれた鷲見アナは、「納得してないです! パンのほうがいい」と憤慨していが、視聴者からは「鷲見パイ……」「テレ東っぽいw」「つい目がいっちゃうよな」「普通にセクハラ」「鷲見パイはアウトすぎて草」「パンでもパイでもどっちでもいいわ」「鷲見さん、カメラ向いたらほろ酔い演技しててあざといな」「女子アナってツールの使い方熟知してるのがあざとい」など、さまざまなコメントが上がっていた。

 胸についてイジられることに不快感を示していた鷲見アナだが、昨年8月には『週刊プレイボーイ』(集英社)で表紙、巻頭グラビアに登場。ピタピタのボディコンシャスなワンピースやキャミソールで美ボディを披露。今年3月には『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)のグラビアでも、爽やかでセクシーな姿を見せていた。フリーアナウンサーの先輩である田中みな実(34)は「おっぱいまでが顔」という名言を残しているが、鷲見アナはグラビアには出ても“パイ”呼びはやっぱり納得いかない!?

関連リンク

  • 4/22 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます