安藤優子、みずから掘り返した“イジメ否定”に「もはや怖い!」再炎上

拡大画像を見る

 4月18日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にニュースキャスターの安藤優子が出演。自身への風評被害について、「全く気にしてない」と発言し、ネット上で批判が殺到している。

 この日、ゲストコメンテーターとして出演した安藤。女性お笑いトリオ「3時のヒロイン」が“容姿イジり”を封印するというニュースが取り上げられると、自身にまつわるエピソードを披露した。

「出先の記者に質問するじゃないですか、『それはどういうことですか?』って。すると『いじめてる』みたいに言われる」と、過去の炎上騒動について言及した安藤。さらに、質問が問い詰めているように聞こえたことについては、「どうなってるのかがよくわからないから、その記者に聞くのが仕事で役目じゃないですか」と力説し、炎上発言については「イジメてない!」「全然気にしていない」などと言い放った。

 この発言に視聴者からは怒りの声が殺到。ネット上では「レポーターが熱中症っぽくなった時の話だよね。あれは完全にアウトだろ。そもそもやばい状態の記者を見て笑ってたからな」「昨年の真夏のロケでの対応はやっぱりマズかった」「意識が朦朧としてるレポーターにロケを続けさせるとかかなり不快感を与えてるけど、本人にはまったく悪いことをしているという自覚がないのがもはや一番怖い」などと、大ブーイングが吹き荒れている。

 安藤は昨年8月放送の「直撃LIVEグッディ!」(フジ系)で、炎天下の中、熱中症らしき症状を見せる女性ディレクターに笑いながらリポートを続けさせたことで批判が殺到していた。

 あれだけの猛バッシングを受けながらも、“気にしていない”と「ブレない姿勢」を貫かなければ、キャスターは務まらないということなのか…と思えてくる。

(ケン高田)

関連リンク

  • 4/22 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます