ふわふわロールケーキ対決!ローソンVSシャトレーゼを食べ比べ

拡大画像を見る

 身近で購入できるロールケーキといえば、大手コンビニチェーン店が発売しているスイーツをイメージする方が多いのではないでしょうか? なかでもローソンの大ヒット商品である「プレミアムロールケーキ」は、味のクオリティが高いことで知られていますよね。

 大手コンビニの有名ロールケーキもいいけど、実はシャトレーゼの「うみたて卵のふんわり厚切りロール」も満足度が高くておすすめ! シャトレーゼ歴10年以上の筆者のイチオシ商品です。

 そこで、ローソンの大ヒット商品「プレミアムロールケーキ」と、シャトレーゼの定番商品「うみたて卵のふんわり厚切りロール」のスペックや味わいを比較しながら、それぞれの魅力をご紹介します。

◆定番商品「プレミアムロールケーキ」

「プレミアムロールケーキ」(150円/税込)は、“いつでも、おうちがカフェになる。”をコンセプトにスタートした、Uchi Café SWEETSの看板商品です。2009年に発売されて以降、今なお愛され続け爆発的な人気を誇ります。

 “スプーンで食べるロールケーキ”というこれまでにないコンセプトと、全国各地の銘柄をブレンドしたたっぷりの生クリームが特徴です。

◆シャトレーゼ「うみたて卵のふんわり厚切りロール」

「うみたて卵のふんわり厚切りロール」(108円/税込)は、農場から直接仕入れたうみたて卵を使い、素材にこだわったスイーツです。シャトレーゼは毎日10トンを超える新鮮な卵を仕入れ、自社でスピーディに割卵することで鮮度を落とさないお菓子作りをおこなっています。

 うみたて卵はスポンジ生地だけではなく、カスタードクリームにも姿を変え厚切りロールケーキのなかへ。ホイップクリームとの絶妙なバランスがおいしさの秘密です。

◆2つのロールケーキを食べ比べ!

 まずはローソンのプレミアムロールケーキと、シャトレーゼのうみたて卵のふんわり厚切りロールの基本スペックを比べてみましょう。

 サイズは(直径)約9cmで同じですが、価格・厚み・重さ・カロリーに違いがありました。

・価格:ローソン150円/税込、シャトレーゼ108円/税込
・厚み:ローソン2.3cm、シャトレーゼ2.8cm
・重さ:ローソン53.5g、シャトレーゼ69.5g
・カロリー:ローソン204kcal、シャトレーゼ274kcal

 シャトレーゼのロールケーキの方が大きく厚みがあるので、並べてみるとローソンのロールケーキがやや薄くみえます。

 ちなみに、ローソンでは毎月6日の「ロールケーキの日」にちなんで、「プレミアムロールケーキ×2」という2倍の大きさの商品を販売しています。こちらは“×2”だけあって超ボリューミーです。

◆ローソンは甘さ控えめのすっきりした味わい

 続いてクリームとスポンジ生地のバランスや味について比べてみます。

 ローソンのプレミアムロールケーキは、生クリームのミルキーなコクを感じつつも比較的あっさりとした味わいです。ふわっとする口どけのいい生クリームと、やわらかで控えめなスポンジがちょうどいいバランスでした。

 エアリーな生クリームで控えめな甘さなので、甘い物が苦手な方でも食べやすいです。でも甘い物好きにとっては「もっと食べたい!」と物足りなさを感じるかもしれません。

◆シャトレーゼは食べごたえ十分でコスパも◎

 シャトレーゼの「うみたて卵のふんわり厚切りロール」をローソンのロールケーキと同じようにスプーンで食べると、より違いがハッキリとわかりました。スプーンを入れたとき、ローソンのロールケーキはスッと入りましたが、シャトレーゼのロールケーキはスポンジとクリームがぎゅっとつまっているので、多少力が必要なほどずっしりと重量感があります。

 スポンジはきめ細やかでふんわりやわらかな食感です。厚みがある分、一口入れたときのボリュームが段違いで、かなり食べ応えがあります。ホイップクリームとカスタードクリームのW使いにより、甘さが強く濃厚な味わいが魅力です。

 シャトレーゼのロールケーキは、ずっしりとした重さと厚みがありながらも、1個108円で購入できるお手頃価格がうれしいです。定番のロールケーキ以外に、期間限定で大粒いちごが入ったタイプもありますよ。

<文/やむ>

【やむ】
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)/ 秘書検定準1級 / 温泉ソムリエの資格保有。フリーライター。温泉旅行が趣味。気がつくとデパコスカウンターにいるほどコスメ好き。Instagram:@yam_kimama

関連リンク

  • 4/22 8:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます