Snow Manアフレコを声優・梶裕貴が「ヤバい」絶賛!佐久間がアニメ本格進出

拡大画像を見る

 4月18日放送の『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)で、Snow Manの佐久間大介(28)が、人気声優の梶裕貴(35)からアフレコの演技を絶賛される場面があった。

 この日、梶がゲストとして登場すると、人気声優の登場にSnow Manのメンバーは大興奮していたが、アニオタで知られる佐久間は梶と親しげに手を振り合い、メンバーを驚かせた。なんでも2人は雑誌の対談をきっかけに仲良くなったそうで、佐久間は「今日は僕のお友達(が)来てくれてます」と梶のことを自慢げに紹介した。

 そんな中、メンバーが1人1役を演じ、梶が1人9役を演じるアフレコ対決をすることに。梶は1人で9役は経験したことがないと尻込みしつつも見事にこなすと、続けてSnow Manもアフレコを披露。佐久間は「意外とよかった」とその完成度の高さを自画自賛した。

 すると、梶は「声優経験があるのは、さっくん(佐久間)だけ?」と確認。それに、佐久間が「はい」と答えると、梶は「そうは思えない完成度で、ちょっとヤバいなと思うぐらいステキでした」とその出来栄えを称賛し、Snow Manのメンバーを喜ばせていた。

■劇場アニメで主演も

 Snow Manの演技について梶は高く評価していたが、特に佐久間は昨年8月25日放送のアニメ『ブラッククローバー』(テレビ東京系)で声優デビューを果たすなど、声優としても活躍していることから、その演技はメンバーの中でもピカイチだった。

 佐久間については梶以外の声優からの評価も高く、『ブラッククローバー』で共演した露崎亘は、自身のツイッターに「収録時には存じ上げなかったんですが、先録りしてあったセリフを聴きながら収録しましたけど、“どこかの新人声優さんかな?”って思ってました」「それくらい違和感なくお上手です」と投稿し、佐久間の演技を称賛していた。

 これまでは歌やドラマ、映画、舞台、バラエティ番組といったジャンルでの活躍が目立っていたジャニタレだが、ここのところはそれまで縁がなかったジャンルにも積極的に進出し、活動が多角化している。佐久間も7月30日公開のアニメーション映画『白蛇:縁起』で初主演を務めるが、梶が絶賛していたところを見ると、ほかのメンバーも声優に進出しちゃうかも?

関連リンク

  • 4/22 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます