花田優一「ダサいなぁ俺」の自虐に世間は「やっと気づいたか」

拡大画像を見る

 元貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が4月15日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズにて「一年で一万人フォロワー減るのも泣けるねぇ」と、自身のフォロワーが大幅に減ってしまっている現状を明かして嘆いた。

 花田は思わず「ダサいなぁ俺」と自虐の言葉を記しながらも、「この先増えるように 変わらず、今まで以上 日々、精進あるのみ。魅力的な人にならなきゃな」と、ポジティブな気持ちを示している。

「花田は高校卒業後、靴職人の修行のためイタリア・フィレンツェに渡り、1年後に帰国すると都内に自身の工房を設け、靴を受注生産するようになりましたが、靴の納期遅れを報じられ、メディア出演が頻繁になったことで『本業をおろそかにしているのでは』と批判の声が起きるように。それでも花田が靴職人に専念することはなく、画家、YouTuber、歌手と活動の幅を広げています。その一方プライベートでは18年12月に結婚からわずか1年余りで離婚。父である元貴乃花親方との確執が報じられ、父親のパワハラを告白するなど、何かと世間を騒がせ続けています」(芸能ライター)

 こうした経緯があるせいか、花田の発言にネット上では「自分がダサいことにやっと気づいたのか」「優一くん、アナタがダサいことなんて、世間はとっくに気づいているよ」「フォロワー1万人も減るってなかなかできることじゃないよね(笑)。それだけみんな呆れてるんでしょ」「親父とのトラブルばかりが報じられてるけど、靴はちゃんと作ってるの?」「紅白歌合戦に出るとか言ってないで、地に足着けて靴を作って下さい」など、散々な書き込みが。

「花田のインスタグラムには、本業である靴に関するものより自身のアーティスト活動にまつわるものが多いですが、投稿への『いいね』数は数百程度と決して多くはありません。そんな中で花田は4月18日、インスタグラムに祖父である元大関・貴ノ花利彰氏の藤島親方時代のスーツ姿の写真を投稿し、『おじいちゃん かっけぇ。』と投稿しています。花田の言う“魅力的な人”とは、お祖父さんのことなのかも知れませんね」(前出・芸能ライター)

 祖父・元大関貴ノ花も父・元横綱貴乃花も、魅力的でカッコいい生き方を貫いた人物。その血を受け継いだ花田が“魅力的な人”と認められるのは、果たしていつの日か。

(石見剣)

関連リンク

  • 4/22 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます