東出昌大、“不倫制裁”からイチ抜け!?くすぶる渡部建との「残酷な差」

拡大画像を見る

 俳優の東出昌大(33)が、今秋公開される映画『草の響き』(斎藤久志監督)の主演を務めることが発表された。

 2020年1月に若手女優・唐田えりか(23)との“3年不倫”が報じられ、同年8月に女優・杏(35)との離婚に至った東出。不倫発覚後は出演CM4社が相次いで打ち切りとなり、すでに撮影を終えていた同年7月公開の映画『コンフィデンスマン JPプリンセス編』の番宣を除いて、露出は大幅に減少。視聴者がその姿を見ることはほとんどなくなった。

「幼子を育てる妻をおざなりにした“ゲス不倫”のイメージは、そう簡単には払拭されません。スポンサーへの配慮もありますし、ドラマにキャスティングすること自体がリスキーですから、オファーが激減するのも無理はないですね。この1年、彼は俳優としてほとんど新たな活動ができなかったわけですから、不倫による社会的制裁を受けてきたといえるでしょう」(芸能関係者)

 そんな東出だが、このたび3年ぶりの映画主演が発表されると、SNS上には賛否が巻き起こった。

「確かに批判的な声もあるのですが、意外なことに“私は嫌いにはなれない”“待ってました”“うれしい”といった喜びの声も少なくないんです。東出の演技について、一部では≪棒読み≫などと揶揄されることもありますが、今回の『草の響き』のプロデューサーにしても≪東出昌大さん以外に思いつかなかった≫と彼を強く推したことを明かしていますし、監督や作り手側の評価は決して低くない。実際に『コンフィデンスマン』シリーズのボクちゃんは当たり役になりましたし、あれほどの高身長イケメンでありながら、真逆のイノセントさや不気味さを出せるのはある種の個性です。同世代で代わりになる俳優がちょっと見当たらないんですよね」(前出の関係者)

 本格復帰に向けて着々と歩みを進める東出に対し、同じ不倫スキャンダルでありながら、一向に浮上のめどが経たない人物がいる。

「2020年6月に“多目的トイレ不倫”が報じられたアンジャッシュの渡部建(48)は、今もなお厳しい状況に置かれています。≪復帰か⁉≫という報道が出るたびに世間から猛反発を食らっており、昨年の不倫報道から10か月が経っても具体的な復帰の道筋が見えません。2月24日に『NEWポストセブン』が報じた“豊洲でアルバイト報道”も不倫のみそぎとしては受け取られず、焼け石に水でしたからね」(女性誌記者)

 スキャンダル後に生き残るものと沈む者。両者の命運を分けるのは、一体何なのだろうか。

東出&渡部の命運を分けるのは……!?“ サレ妻”イメージも影響か

「身も蓋もありませんが、もともとのお茶の間好感度と実力の差なのではないでしょうか。SNSが発達したこのご時世、世間の声は決して無視できるものではありませんからね。また、東出に関しては杏がきっぱりと三下り半をつきつけて離婚したことで、世間の人々の溜飲が下がったという面も大きいのでは。杏は現在も女優として一線級で活躍しているので、サレ妻特有の“悲壮感”が少ないのもプラスに働いていると思います。

 一方、渡部の妻である佐々木希(33)は、不倫騒動以降も離婚という選択肢は一切考えていないように見えます。気丈に振る舞っていますが、彼女をテレビで見かけるたびにどうしても渡部の顔が頭をよぎってしまいますし……彼女が健気に頑張れば頑張るほど、不義理を働いた渡部本人に関する拒否感も強くなってしまうのでしょうね」(前出の記者)

 はたして2人の差が埋まる日は来るのだろうか――。

関連リンク

  • 4/22 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます