アスリートへの「パワハラ」問題…若新雄純が“問題化する前にできること”を考える

拡大画像を見る

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。3月25日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「五輪アスリートへのパワハラ問題」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆なぜ、パワハラはなくならないのか?

東京2020オリンピックの空手・女子組手61キロ超級代表・植草歩選手が、全日本空手道連盟の香川政夫強化委員長からパワーハラスメント行為を受けたと同連盟に報告し、波紋を呼びました。

*   *   *

若新は、スポーツ界におけるパワハラ問題のニュースを見聞きするたびに「パワハラ被害を受けた側が、最初に“この行為はパワハラではないか”と感じたときに、加害者側にうまく伝えるシステムがあればいいが、それがうまくいってないんだなといつも思う」と話します。

というのも、選手と指導者との“力関係”が明確であり、目的達成のためにはそれが必要だったりするために、選手から直接「そういう行為はやめてください」「いまのは暴言です」とは切り出しづらい環境にあることが多いと言い、「(そういったパワハラ行為を)加害者側が自覚せず、どんどん加速していってしまう」と指摘。今回のように選手が声を上げてパワハラ被害を受けたことを公にしたということは、「(選手側にとって)いよいよ我慢ならないことが、きっとあったのだと思う」と推測します。

もちろん、パワハラはスポーツ界に限った話ではなく、「いろいろな現場でそうしたことはおこっていると思う。(例えば、上司が)後輩を育てるつもりで言っていたことが、(言われた側は)心の奥底で“ひどい”と思っていることもある。ややこしいのは、加害者側に自覚がない場合が多いこと。そのことを(加害者側が)早い段階で気づけて、“これ以上やるとパワハラになってしまうのか”と思いとどまり、自ら直していける社会だったらいいと思う」と理想を語ります。

しかし、現実社会では、大きな問題になってから訴えるような状況に陥ってしまっていると指摘。また、その場合、被害を訴える選手側もかなりの覚悟が必要だと言い、「連盟幹部に訴えたとなると、パワハラを受けたことを主張して(加害者側と)闘わざるを得ない。そこまでの段階になると、社会的に問題化・事件化してしまい、お互いに向き合って話し合うことも難しい」と現実を伝えます。

さらには、指導者と選手間でパワハラがないことが一番の理想ではあるものの、指導者も人間である以上、「どうしてもこういった競技の世界や教育・指導の世界では、熱が入るあまりやり過ぎてしまったり、盲目的になり、過剰になってしまったりすることはまだまだある」と現状を説明します。

そこで、そうしたケースが起きたときに「本人に直接訴える前に、やんわりと誰かに相談できて、しかも、誰がそれを訴えたのかは分からないようにするなど、相談したことによって不利にならないようなシステムを構築しないと、いつまで経ってもギリギリまで我慢して、我慢の限界を越えて訴えることの繰り返しになってしまう」と危惧します。

パワハラが発覚すると、加害者側が厳しく対処されるのが通例。それがきっかけで指導者としての道が閉ざされてしまうことも。若新は「(指導者として)人格的に問題のある人は厳しく対処すべき」としつつ、パワハラ問題の改善策として「誰かに早い段階で間に入ってもらい、(双方の)コミュニケーションを改善できるようなシステム構築(が必要)」と訴えます。

「もちろん(パワハラを)肯定するつもりは、まったくない」と述べたうえで、パワハラが発覚したときは、「問題の芽を摘むのではなく、(パワハラが)問題化する前に声を上げやすい環境をいかにつくるか。(被害者側がパワハラをする)本人にはなかなか直接言えないもの。だからこそ、(声を上げたときに)気まずくならないように第三者に相談できて、指導者も早い段階で(これ以上するのはパワハラ行為だと)気づけるような構造がないと」と主張。「(加害者を辞めさせるなど)問題を摘み取ればいいということだけではないのではないか」と話しました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/audee/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/38286

関連リンク

  • 4/22 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます