【マイラーズC展望】安田記念の前哨戦、中心になるのはあの馬

拡大画像を見る

 安田記念の前哨戦で、古馬のマイル戦としては数少ないGII戦。12年に阪神最終週から京都開幕週に移動し9年間京都マイルで行われてきたが、今年は10年ぶりに阪神開催となる。

1.実績馬が強い

 昨年は上がり馬のヴァルディゼールが3番人気で5着に敗れ、前年のマイル王インディチャンプが完勝。18年は上がり馬のモズアスコットが2番人気、ロジクライが3番人気に支持されたがそれぞれ2、7着で、勝ったのはすでにスワンS勝ちの実績のあったサングレーザーだった。実績馬が貫録を見せる年が多い。

2.間隔が詰まっていると苦戦

 過去10年で、中9週以上の休み明けだった馬は[4-5-9-35]で複勝率34.0%と上々。また、中4〜8週の馬も[6-2-0-25]で複勝率は24.2%ある。対して、中3週以内の馬は[0-3-1-59]で複勝率6.3%しかない。

3.前有利

 今年に入ってから4月11日までに行われた阪神芝マイル(1勝クラス以上)の成績を4角位置取り別で見てみると、4角1番手の馬は[5-1-2-8]で複勝率50.0%と上々。4角の位置取りが下がるほど成績は下降していき、4角10番手以下は[1-4-0-41]で複勝率10.9%。

 ケイデンスコールは今年に入って完全に復調しており、京都金杯と中山記念を連続好走。前々で立ち回れるようになっており、今回阪神にコースが替わるのは問題ないだろう。引き続き岩田康誠騎手とのコンビで勝ち負けを期待したい。

関連リンク

  • 4/22 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます