吉岡里帆演じるあいこ、ギャル風ファッションで三者面談に臨む

拡大画像を見る

鈴木亮平が主演、吉岡里帆がヒロインを務める木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第3話が、4月22日に放送される。

「モーニング」(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスを原作とした本作は、鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎と、吉岡演じる「ダメ男ホイホイ」と呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこという、恋に不器用な二人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリー。

先週放送の第2話では、あいこは清一郎から疑似恋愛ミッションの相手であるサラリーマンの早瀬剛(竜星涼)と別れるよう指示される。早瀬に本気になりつつあったあいこには受け入れがたい指示で……。

<第3話あらすじ>
刈部清一郎(鈴木)は久遠あいこ(吉岡)に課す新たなミッションを思いつく。テーマは教師との“禁断の恋”。清一郎は刈部レン(岩田琉聖)の担任、大倉シンゴ(稲葉友)を対象にしろと言うのだ。向後達也(片岡愛之助)も乗り気で、あいこの話を聞こうともしない。そんな時、レンが友達を連れて来たため騒動に。あいこはミッションを断って家を後にする。

あいこがアパートに帰ると、倒壊の危険性があるため、住人たちは早急に立ち退かなければならなくなったという。お金も仕事も家も無しに……。

翌日、あいこは再び清一郎を訪ね、前回のミッションも漫画の役に立っていると報酬を求める。だが、報酬は全て完遂したらという契約だったと言われてしまう。すると、あいこは、次は契約を“出会い”“デート成功”などミッション別にして、ミッション毎の報酬を提案。断るのかと思いきや、清一郎はあっさり承諾した。早速、清一郎は三者面談ミッションを指示、教師との禁断の恋プロジェクトが始動する!?

あいこは、向後のアドバイスでギャル風な出で立ちで三者面談に挑むことに。大倉の優しさや誠実さに惹かれるあいこ。そんなおり大倉から食事に誘われ……。

関連リンク

  • 4/22 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます