疲れを癒したい!「仕事で疲れた男性」が女性に望むことって?

拡大画像を見る

仕事で疲れ果ててしまったとき、男性はテンションが高い女性と接したり、愛情を欲しがる女性と接したりしていると正直疲れてしまうでしょう。
しかし、大好きな女性にいなくなってほしいとか別れたいとか思う気持ちはありません。ただ、少しだけ望むことがあるのです。
今回は、仕事で疲れた男性が女性に対して何を望んでいるのかについて紹介しますね。


静かにすること

女性は仕事から男性が帰ってくると、今日あったできごとや男性とコミュニケーションがとりたくてたくさんのことを話したいと思うでしょう。
しかし、本気で疲れているときは男性は女性に静かにしてほしいと思います。話はいつでも聞くので、今は静かにしていてくれと望んでしまうのです。
男性の様子がおかしいと感じたり、話しかけても反応が薄いときは「今日じゃない日に話そう!」と思って少し遠慮することも大事ですね。


色々聞いてこないこと

仕事で疲れているときというのは、何もしたくないときでもあります。しかし、疲れて元気がない男性を見ていると女性は「何があったの?」「話聞くよ?」「仕事どうだったの?」などのように色々と詮索したくなるでしょう。
話を色々と聞いてあげることで相手の力になれると思っているのが女性です。しかし、疲れている今の段階では男性は話す気になりません。
女性には色々と聞いてこないことを望んでいます。もし、話したいと思うのであれば自分から話すのでそっとしてほしいと思うでしょう。


ねぎらってくれること

仕事で疲れたときは「お疲れ様。」の一言だけ言ってもらえたらそれでいいという男性もいます。誰も労ってくれなくても、自分の彼女が労ってくれたらそれだけで救われるものなのです。
そのため、男性が疲れているとおもったら「お仕事お疲れ様。」とだけ言葉をかけたらいいでしょう。女性はついついそれ以上何かしてあげたくなりますが、そこまでで十分です。
その後は放置しておけば男性は勝手に自分で這い上がってくるので待っておけばいいですよ。


味方でいてくれること

男性は、仕事で疲れたときにこそ女性には自分の味方でいてほしいと思っています。あれこれしてほしくない、放っておいてほしいと思いつつも、心の底は味方でいてほしいのです。
そのため、話したいときは聞いてほしいし自分を肯定してほしいとも思っているでしょう。味方でいてくれることで心強さを感じたり、また頑張ろうという気持ちになったりもします。
男性のわがままな部分でもありますが、疲れているときこそ味方でいてくれたら癒しになるとも思っているでしょう。


仕事で疲れたときは多くを望んでいない

仕事で疲れている男性は、疲れをとることを第一優先にしています。そのため、女性のことを放置してしまう可能性もあるでしょう。ただ、多くのことを望んでいないため男性の思うままにさせたほうがいいですよ!(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/22 5:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます