ゴリラと呼ばれた21歳女性、毛抜きをやめて一本眉デビュー「今の自分が100%好き」(英)

拡大画像を見る

英南部バークシャーのレディングでアートを学ぶシンディ・アクバルさん(Cydni Akbar、21)は、中学生の頃から“ゴリラ”、“ビッグフット”などと呼ばれ、毛深く一本眉であることをからかわれてきた。

シンディさんは「一本眉が目立っていじめられるのが嫌で、ここ10年間はずっと眉と眉の間の毛を抜いてきたの」と明かすと、これまでの苦い経験について次のように語った。

「よく私の濃い毛を見た人に、『なんでそんなゴリラみたいな毛をしているんだ』とか『なんで私たちと違うんだ』とか『毛を剃ったら?』と言われたわ。ある時は人気者の女子グループが私のところにやってきて、『その眉と眉の間の毛はなに?』って聞かれたこともあった。私はただ黙って座って、何も言い返さなかった。だって私の気持ちなんて彼女たちにはわからないから…。」

「他の人は『眉と眉の間の毛なんて、どうでもいいことでしょう』と言うかもしれないけど、私にとってはとても重要なことだった。でも毛を抜くのは自分のためにしているわけではなく、他の人を喜ばすためだった。私はそんな自分が嫌だったし、いじめられることにもうんざりしていたわ。」

「だから長い間、鏡の中の自分を見て泣いてきた。『これは本当の自分じゃない。こんな自分は好きになれない』とね。一本眉ではない自分を見て、『この自分に慣れなくちゃいけないんだ』と言い聞かせていたの。」

こうして約10年間、なるべく目立たないように過ごしてきたシンディさんだが、昨年9月に「眉は私の身体の一部。それを抜いてしまった私は、真の自分ではない。一本眉のままでいよう」と決意したという。シンディさんをサポートしたのはボーイフレンドのジョーさんで、「君が幸せなら僕も幸せだから、好きなようにしたらいいよ」と背中を押してくれたそうだ。

シンディさんは「自分の身体のことなのに、私はこれまで人の意見にコントロールされてきたの。一本眉のメキシコの画家、フリーダ・カーロにもインスパイアされたわ」と胸のうちを明かし、一本眉にしてみて初めて見えてきたことについてこのように話している。

「眉毛を抜いていた時の自分は、一本眉でいることの美しさに気付かなかったの。でも昔の写真を見て『これは本当の自分ではない』と感じたわ。嬉しかったことは、一本眉になった私をジョーが受け入れてサポートしてくれたこと。そしてなんといってもTikTokでの反応がとてもポジティブであることに驚いたの。」

「実は10~11歳の子供を持つ母親からたくさんのメッセージをもらったの。『私の娘も一本眉なのよ。娘はあなたに憧れているわ』とね。」

「私はそんなメッセージを読んでじ~んときてしまって。だって自分のためにと思って始めたことが、他の人の助けになっているんだもの。それに10歳と言えば、ちょうど私がいじめられていた年齢と重なるのよ。」

ただシンディさんのもとにはヘイターからのコメントも少なからずあるそうで、シンディさんは「TikTok」の中で自分の思いをこのように述べている。

「私を誹謗中傷する人は、『皆が同じでなくてはいけない』という彼らなりの美のスタンダードがあるのよ。でも個性がなかったらつまらないでしょう。私は肌の色、髪、身体のサイズ、性別でさえ、人と違うということは尊重するべきだと思うの。自然のままでいることが一番美しいと思う。」

「人より毛深くたっていいじゃない。それはユニークで個性的ってことよ。だからちっとも恥ずかしいことではないの。私は今の自分を100%好きって言えるわ。それが一番大切なことなのよ!」

画像は『cydni.akbar 2021年4月14日付TikTok「Why am I so unsymmetrical」、2021年4月6日付TikTok「I’m the happiest I’ve ever been」』『Metro 2021年4月20日付「Artist called ‘gorilla’ by trolls ignores the bullies and embraces her monobrow」(Picture: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 4/21 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます