ミランも欧州スーパーリーグ離脱…残るはレアル、バルサ、ユーヴェのみ

拡大画像を見る

 ミランは21日、欧州スーパーリーグ(ESL)不参加の意思をクラブ公式サイトで表明した。

 ミランなど欧州の強豪12クラブは18日、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するチャンピオンズリーグ(CL)に代わる新たな大会として、ESLの創設を発表。しかし、欧州サッカーの伝統を破壊するものだとして、参加クラブのサポーターや現役選手、各連盟、さらに各国政府が猛反発を示していた。

 事態の悪化を受け、プレミアリーグの“ビッグ6”(マンチェスター・U、マンチェスター・C、リヴァプール、チェルシー、トッテナム、アーセナル)は20日から21日にかけて、ESLの離脱手続きに入ったことを相次いで発表。また、アトレティコ・マドリードとインテルも21日、ESL不参加を表明する公式声明を発表していた。

 そんななか、ミランは21日に公式声明を発表。「私たちは、クラブとファンの利益を守るために、世界中のファンのための最高の欧州大会を作りたいという純粋な気持ちで、ESLプロジェクトへの参加要請を受けました。変化は簡単ではありませんが、進歩には進化が必要です。欧州サッカーの構造も長年にわたって進化し、変化してきました」とESL創設に動いた背景を説明しつつ、次のように不参加の意向を表明した。

「ESLプロジェクトに関する世界中のファンの声や懸念は、はっきりとしています。当クラブは、この素晴らしいスポーツを愛する人々の意見に敏感に反応し、気を配らなければなりません」

 また、ミランは「しかし、私たちは今後も、世界のサッカーの持続可能なモデルを定義するために積極的に取り組んでいきます」と今後もサッカー界の改善に取り組んでいくことをアピールしている。

 なお、ミランの不参加表明により、現時点でESLに残っているのはレアル・マドリード、バルセロナ、ユヴェントスの3クラブのみとなっている。

関連リンク

  • 4/21 20:45
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます