試されてる?別れる気がないのに「別れよう」と言ってくる男性心理とは

拡大画像を見る

男性から「別れよう」と言われて「分かった」と返事をすると、しばらくしてから「嘘だよね?」「本当は別れないよね?」と必死で追いかけられたことがありませんか?女性からすると「嘘で別れに承諾しない」「これ以上迫ってこないで」と思うことでしょう。また「あなたから別れようって言ってきたんでしょ?」という気持ちにもなるものです。
なぜ男性には別れる気がないのに別れようと言ってくる人がいるのでしょうか。男性心理について紹介します。


別れたくないと言われたい

自分が常に追いかけられたいという気持ちがあることから、別れようと言ったときに「別れたくない!」「そばにいてほしい!」と女性から言われたいために別れを告げる男性もいます。
追いかけられてすがられることに愛情を感じるのでしょう。もしかしたら、最近自分の彼女からの愛情を感じなくなり、愛情を感じたいために言っている可能性もありますよ。
別れたくないと言われると確信して言っている場合もあります。そのため、彼女が別れを受け入れたときにビックリしてしまうのでしょう。


相手を焦らせたい

自分が別れようということで相手が「分かった」と言うとはサラサラ思っていません。相手が焦って自分と別れないために色んなことを言ってきたり、色んなことをしてきたりするのを見たいという気持ちがあって別れようという男性もいます。
自分が焦るのは嫌なのに相手を焦らせて楽しんだり、自分の心を安心させたりしているところがあるのでしょう。
相手を焦らせることで愛情確認をしていることも考えられます。基本的に素直になれない男性がやってしまうことですね。


喧嘩の仲直りがしたい

喧嘩して、お互いに意地を張っていると感じている場合、男性は仲直りのきっかけとして「もう別れよう」と言ってくることがあります。
これは、本気で別れたいのではなく本当は仲直りがしたいのです。しかし、素直になれずに「別れよう」という言葉を使って相手と連絡をとり、相手が謝ってきたら仲直りできると思っているのでしょう。
今までの付き合いがそれで成功していたのではないでしょうか。だから、また同じ手口を使ってきているのです。


相手の態度が気に入らない

相手の態度にイライラしている、相手が自分の思い通りにならないことにイライラしているなどのように、相手のちょっとしたことが気に入らないとすぐに別れを切り出す男性もいます。
これは、イライラしているためについ言ってしまうことであり、本気で別れようとは思っていません。ただ、相手の女性もイライラで別れを告げられることにイライラするので気持ちがなくなっていくでしょう。
このタイプの男性は、最終的には相手の女性から振られて後悔するというパターンにもなりやすいですよ。


別れる気のない別れようもある

男性は全く別れる気がないのに別れようと言うことがあります。自分から言い出したのに後で撤回してくることもあるでしょう。男性心理も意外と複雑なのですね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/21 20:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます