瀬戸利樹、年上の人妻を翻弄!ラブシーンも自信「100パーセントでいけた」

拡大画像を見る

俳優・瀬戸利樹が、4月7日よりテレビ東京系にて放送中のドラマParavi『理想のオトコ』に出演中だ。


LINEマンガにて連載がスタートし、累計閲覧数380万回を超える同名漫画を実写化した本作は、仕事に恋に、そろそろ将来を真剣に考え始めた男女が繰り広げる心の葛藤を描いた大人の恋物語。瀬戸は、藤井美菜演じる10歳年上の既婚女性・安積茉莉沙を強気にアプローチする余裕と自信のある男・高野正巳を演じる。


「自分が出た恋愛作品の中でも一番積極性がある役」だという高野を魅力たっぷりに表現する瀬戸に、撮影の裏話や理想の女性像を聞いた。

──まずはオファーを受けたときの心境をお聞かせ下さい。

率直にうれしかったです。こういう恋愛作品というのは誰もができるジャンルではないと思うので、本当にうれしいことだなと思いつつ、頑張らなきゃいけないと思いました。


──原作がある作品に出演することと、そうでない作品に出演することでなにか違いはありますか。

良くも悪くも参考にするものがある、というのはありますね。そこが難しいです。全部が全部、原作と一緒にできるものでもないと思っていますし、どこを原作からピックアップするかというのも大事になってくると思います。


──台本を読んだ印象は?

「大人だな」と思いました。正直、僕自身の恋愛経験が乏しいというのもあるんですが、こういう恋愛が、ある交差点で、あるオフィスで、あるカフェで行われているのかなという想像がすごくしやすいドラマだと思います。結婚している女性、結婚していない女性、10歳上の男性、10歳下の男性が出てくるので、観る人がさまざまな立場から共感しやすいドラマになるんじゃないかなと思いました。


──たしかに今作の登場人物は、年齢も職業も立場もバラバラですね。

そうなんです。僕が演じた高野は、自分が出た恋愛作品の中でも一番積極性がある役だったので、困りました。


──困った、というのはどうしてですか?

自分自身あまり積極的にいかないので、これはどうしようかなと(笑)。監督がとにかく自信を持ってやってくれればいいと言ってくださったので、ひとつひとつのシーンでセリフを「相手に聞かせる」ということを大事にしながら撮っていました。


──瀬戸さんご本人と高野は違うタイプなんですね。

違いました。唯一似ているのは根拠のない自信です。とりあえずできる、みたいな(笑)。そういうのはわかる気がする。友達とかの前ではそういうところがありますね。



──高野は年上の既婚女性(茉莉沙)を翻弄する役でした。難しい部分もありましたか。

そうですね。でもそこは藤井美菜さんが「ドンとこい」という感じの言葉をくれたので、躊躇することなく臨みました。

他の人はどうしているのか気になるんですけど、テスト撮影とか段取り確認のときって、その前の芝居まではちゃんとやっていてもラブシーンになるとフワッとするんです(笑)。それを感じ取って「来ていいよ」とおっしゃってくれたんだと思うんですが、それがありがたかったです。もちろん本番ではちゃんとやるつもりでしたが、その言葉のおかげで100パーセントでいけたと思っています。


──高野というキャラクターの注目してほしいところはどんなところでしょうか。

設定的には22歳なんですけど、自信と余裕がありつつも「若いな」とわかるようなシーンが出てくるんです。そこが観てくれる女性の方に「かわいい」と思ってもらえるポイントなんじゃないかなと思います。「やっぱりちょっと背伸びしていたんだ」というところは注目して観てもらえると、「好きな人のためだから頑張っているんだな」ということがわかってもらえると思うんです。


──撮影現場で印象に残っているエピソードはなにかありますか?

えっと、突然なのですが、「雉(きじ)を撃つ」という言葉を知っていますか?


──雉を撃つ?

女性が「お花を摘んできます」と言ってお手洗いに行くことがあるじゃないですか。男性の場合は「雉を撃つ」っていうらしいです。これ、スタッフさんがテスト撮影終わったあとに豆知識を僕に披露してくれたんですが、僕も知らなかったので「これキャストのみなさんに聞かないとダメだ」と思って聞きに行ったらみんな知らなかったです。


──撮影現場で一番印象に残ったのが、「雉を撃つ」?(笑)

一番記憶に残ってますね(笑)。安藤政信さんに最初に話しかけに行ったのも「雉を撃つ」の話がきっかけなんです。クールな方と思っていたんですが、お話するのは大好きな方らしくて、「雉を撃つって知ってますか」って聞いたら、「え、わかんなぁい!」ってお茶目に言ってました(笑)。


──ではそれ以降、安藤さんとはお話ができたんですね。

休憩中とかもイヤホンで音楽を聴いていらっしゃって、聞いたらレゲエだったんですけど、体を動かしてノッてました。僕も隣でノッてました。僕はなにもつけてないから聴こえないんですけど(笑)。


──楽しそうな時間ですね(笑)。なにか演技面で学びはありましたか?

安藤さんの過去の作品で演技の参考にさせていただいたこともあって、もともと尊敬している方なのですが、もっと好きになりました。演技面では“間”の使い方がすさまじいなと思いました。ミツヤスというキャラクター自体、独特の雰囲気を持っている人物ではあったんですが、僕の中の常識では考えられない場所で使うような間もあったりして、改めて演技ってすごく面白いなと思いました。近くで勉強させていただきました。


──味方良介さんとは2020年の舞台『あずみ〜戦国編〜』以来の共演です。

『あずみ』のときもお世話になりっぱなしだったんですけど、今回もお兄ちゃんのように一緒にお話させていただきました。先輩たちの会話に入れてくださったりして、おんぶにだっこでした。演技面でも名刺交換のシーンなどでアドバイスをくれたりして、ありがたかったです。



──ところで今作は『理想のオトコ』ですが、瀬戸さんの“理想の女性”ってどんな方でしょう。

愛嬌がある人がいいですね。あとは、洗濯をしてくれる人...(笑)。洗濯以外全部やるんで。なんなら回すところまでやるんで、そのあとはちょっと頼みたいです。


──洗濯、苦手なんですか? 

干す、たたむが苦手なんです...。乾燥機付きのものを買ったんですけど、結局自分はたたむのが嫌なんだなと思ってダメでした(笑)。どうしても後回しにしちゃいます。


──なるほど。

あとはひとりの時間を持っている人がいいです。一日が全部終わって、本当になにもやることがないときに会える人がいいです。ドラマとかでも勝手に「来ちゃった」とかいう人いると思うんですけど、そういうのは違うかなと僕は思っちゃう。そういうのが青春なんですか?


──どうなんでしょう...。なにもやることがないときに会う、は少し寂しい気もしますね。

女性に嫌われちゃいますよね(苦笑)。それほど僕、恋愛経験が乏しいんです。疲れていても会いたい、というほどの恋愛をすることがあれば、また価値観が変わるかもしれない。


──今の時点での理想、ということですね。では瀬戸さんが目指したい“理想のオトコ”、という質問ではいかがでしょうか。

沢村一樹さんに憧れています。自分はもうちょっと行動力や自信を持った方がいいのかなと思います。今回の高野も、自分に足りないところを持っている人だったので、30歳を過ぎたころには「余裕があるね」と言われるような男になっていたいです。


──ありがとうございます。では最後に改めて、今作の見どころを教えて下さい。

この作品はリアルな恋愛模様を描こう、という空気感を大事にしてみんなで頑張って作りました。多くの方に楽しんでいただけるドラマになっていると思います。さまざまなキャラクターが登場するので、自分の好みはどのタイプかな、と楽しみながら観てほしいです!


ドラマParavi『理想のオトコ』はテレビ東京系にて毎週水曜深夜0時40分放送。

※Paraviで毎話独占先行配信


取材・文:山田健史

©「理想のオトコ」製作委員会

関連リンク

  • 4/21 18:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます