「天国でも新喜劇を」 チャーリー浜さんの訃報に悲しみの声

拡大画像を見る

「ごめんくさい」「君たちがいて僕がいる」や「…じゃあ~りませんか」のギャグで知られる、お笑いタレントのチャーリー浜さんが、2021年4月18日に亡くなっていたことが分かりました。78歳でした。

チャーリー浜さんは、1962年に吉本新喜劇に入団。代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」は1991年の『新語・流行語大賞』の年間大賞にも輝きました。

吉本新喜劇だけでなく、CMや映画などマルチに活躍したチャーリー浜さんの訃報に悲しみの声が寄せられています。

・また1つの時代が終わった。心よりお悔やみ申し上げます。

・きっと天国でも新喜劇をやるんだろうな。

・くいだおれ人形に似てた、チャーリー浜さん。いっぱい笑わせてくれて、ありがとう!

吉本興業の発表によると、チャーリー浜さんは呼吸不全、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、大阪市内の病院で逝去したとのこと。葬儀は近親者のみですでに執り行われたといいます。

多くの人に笑顔を届け、吉本新喜劇を代表する座員だったチャーリー浜さん。舞台上で輝くチャーリー浜さんの姿は、多くの人の心の中で生き続けることでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

[文・構成/grape編集部]

出典 吉本興業株式会社

関連リンク

  • 4/21 16:50
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます