永野芽郁、撮影で広瀬アリス&小池栄子と「初めましてで殴り合いした」

 女優の永野芽郁が21日、都内で行われた主演映画『地獄の花園』の完成報告謝罪イベントに広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸(森三中)、遠藤憲一、小池栄子とともに出席。本作を通じて世のOLのイメージを著しく損ねたと謝罪し、笑いまじりで同作を振り返った。

 映画『地獄の花園』は、お笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本によるOLバトルロワイヤル。普通のOLライフに憧れる主人公・田中直子(永野)が、テッペンをかけたOLたちの地獄の派閥争いに巻き込まれる様を描く。

 個性が強いキャラクターたちがひしめく中、普通のOLを演じた永野。本作を振り返って「この格好をしている皆さんに囲まれ、私1人だけ浮いているところから戦わなければならなかった。体力というより精神力との戦いだった」とコメント。「クランクインする4、5ヵ月前からアクションの練習をして、広瀬さんと小池さんとは、初めましての状態で殴り合いからスタートした。普段とは違う距離の詰め方ができたのでは」と語った。

 自身がOLになるなら、どの部署で働きたいか問われて「営業部。ごあいさつするのが好き。なんか仲良くなれそうじゃないですか。人の良さを伝えるのも上手くなりたいので」と話した。

 悪魔OLの安藤朱里にふんした菜々緒は「ロケ中に怒鳴り散らしで週刊誌に撮られてしまったこと、『あんどう・あかり』という名前だったにもかかわらず、『あんどう・しゅり』と読み間違えて役名を変えてしまったことをお詫び申し上げます」と頭を下げた。

 映画『地獄の花園』は、5月21日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/21 13:26
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます