M-1王者のゲームがガチで発売&リリイベも! 『スーパー野田ゲーPARTY』の事前予約は4/22から

拡大画像を見る

「R-1ぐらんぷり2020」&「M-1グランプリ2020」の2冠王者であるお笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが制作したゲーム『野田ゲー』。そんな『野田ゲー』がNintendo Switch向けにガチでリリースされることになった。タイトルは『スーパー野田ゲーPARTY』。発売日は4月29日(木)、価格は1000円(税込み)が予定されている。さらに、発売直前イベント『第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会』も4月28日(水)に開催されるという。

野田ゲー盛りだくさん!野田ゲー史上最大のプロジェクト

『スーパー野田ゲーPARTY』は、野田クリスタル制作のゲーム『野田ゲー』が16本収録されたゲーム。クラウドファンディングにて開発資金を募集し制作され、開発は吉本興業とカヤック。以下のようなタイトルが収録されている。

<おたけ さいこっちょーゲーム>

お笑いトリオ・ジャングルポケットのおたけが、持ちネタのフレーズである「さいこっちょー(最高)」「さいてっちょー(最低)」のどちらを繰り出すか、2択形式で当て続けていくだけのゲーム。

<スーパー ブロックくずして>

吉本興業公式アプリ『ラフピーアプリ』内でリリース済みの野田ゲー「ブロックくずして」のアレンジ版。ゲームのベースはブロック崩し。しかし、玉を操作するのではなく、デッカチャンを操作して、玉に当たらないように避け続けるというゲーム。玉に当たると巨大化していき、どんどん不利になっていく。オリジナル版のほか、玉をはね返してくれる「相棒」が登場する新モードを追加。

<将棋Ⅱ>

通常の将棋の駒だけでなく、おかしな動きをする駒も混じった将棋風ゲーム。盤外に飛び出して相手の持ち駒を取ったり、相手の棋士を直接討ち取って勝つなど、将棋の常識を超えたルールが存在する。

<ボタン遠すぎじゃない!? 早押しクイズ>

解答席をスタートして、巨大迷路の中の早押しボタンを目指すクイズゲーム。画面の下を流れていくクイズの問題文を読みながら、迷路内のキャラクターを動かさなければならない。

<音声衰弱>

同じ絵をそろえるのではなく、同じ音をそろえる神経衰弱ゲーム。カードをめくると、出資者から集められたセリフや音、野田クリスタルによる変わったボイスなど、さまざまな音が流れる。

<新・干支レース>

「新しい十二支」の座を目指し、大勢のペットたちが競走するゲーム。操作はジャンプのみで、障害物や他の動物たちを踏み台にしながら進行。動物自体は全く動きがなく、固まった状態の写真のまま、飛んだり転がったりしながら、コミカルに進んでいく。

『第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会』概要

ゲーム発売を記念してイベントも開催される。『第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会』は、4月28日(水)、ヨシモト∞ホールにて開催。野田クリスタルをはじめ、おたけ(ジャングルポケット)、デッカチャンといった同作に登場する面々の出演が予定されており、お笑いファン、ゲームファンには注目してもらいたい内容になりそうだ。当日は16:10開場、16:30開演予定で、終演予定は17:30となっている。チケットは全席自由席で、前売1500円(税込み)。

超面白ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」をみんなで作りSwitchで発売したい:
https://noda-party.com/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

関連リンク

  • 4/21 15:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます