全米騒然! ウディ・アレンによる養女への性的虐待疑惑の真相に迫るドキュメンタリー日本上陸決定

 巨匠監督ウディ・アレンによる養女への性的虐待疑惑の真相に迫るHBOドキュメンタリー『Allen V Farrow(原題)』が、5月26日より動画配信サービスU‐NEXTにて独占配信されることが決定した。

 本作は、全米で大きなスキャンダルとなった、映画監督ウディ・アレンによる当時7歳の養女ディランへの性的虐待疑惑の真相に迫るドキュメンタリー。監督は、ドキュメンター作品『The Invisible War(原題)』でアカデミー賞、『The Hunting Ground(原題)』でエミー賞にノミネートされたカービー・ディックとエイミー・ジーリングが務めた。

 映画『アニー・ホール』『マンハッタン』『ブルージャスミン』『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』など数々の名作を手掛け、米アカデミー賞92年間の歴史上で4番目に多いノミネート歴を誇る、映画界の巨匠ウディ・アレン。1980年より女優ミア・ファローと公私を共にし、ふたりはハリウッドきってのパワーカップルとして知られていた。しかしファローは1992年、アレンによる当時7歳の養女ディランへの性的虐待を告発。アレンは虐待を否定し、証拠不十分として訴追されることなく1994年に裁判は終了した。

 それから26年の時を経た2018年、成人した養女ディランがテレビのインタビューでアレンを再告発。続いて、グレタ・ガーウィグ、コリン・ファース、ティモシー・シャラメ、セレーナ・ゴメスなど多くの俳優が「アレンの映画に出演したことを後悔」「二度と彼の作品には出ない」と声明を発表し、出演料を慈善団体に寄付した。その一方、旧友であるダイアン・キートンやアレック・ボールドウィン、スカーレット・ヨハンソンはアレンを擁護するなど、スキャンダルが再熱し、ハリウッドを二分する論争となった。

 幼児への性的虐待疑惑、養女との恋愛や再婚など、尊敬を集める名監督によるスキャンダルがセンセーショナルな見出しで連日メディアを賑わす中、その裏側では実際に何が起きていたのか?

 本作の製作陣は、2年間にわたる緻密なリサーチの末に、今まで世に出ることのなかった当時の電話の通話記録やファミリームービー、裁判書類や警察の証拠品などを特別に入手。ミア・ファローや養女ディラン、そしてファローとアレンの息子でジャーナリストのローナン・ファロー、友人や親戚、捜査に関わった人々の独占インタビューを織り交ぜながら、一大スキャンダルの真相に迫っていく。

 本国アメリカでは、本作のHBOでの放送、HBO Maxでの配信をうけて、今度はParamount+(パラマウント プラス)がウディ・アレンへのロング・インタビューを収めた『The Woody Allen Interview(原題)』を配信。いまもなおウディ・アレンをめぐる熱い論争は続いている。

 ドキュメンタリー『Allen V Farrow(原題)』は、5月26日より動画配信サービスU‐NEXTにて独占配信。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/21 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます