仲里依紗、絶好調YouTubeチャンネルの「妙技」とは? 川口春奈を抜いて女優ランク2位のスゴさ

仲里依紗が絶好調だ。4月15日から始まった玉木宏主演の連続ドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)への出演をはじめ、23日公開のアニメ映画『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』では、ゲスト声優として登場。先月末にはアパレルブランド「RE.」の立ち上げを発表し、また人口減少に悩む故郷・長崎県のPR動画に同郷の福山雅治らと声で出演している。

 そんな活動と同時に仲が精力的に行っているのが、YouTubeだ。公式チャンネル『仲里依紗です。』の現在の登録者は128万人(4月20日現在、以下同)。これは日本の女優のYouTuberランキングで、2位の記録だという。

「本田翼による『ほんだのばいく』の登録者が220万人と圧倒的で、3位が川口春奈(『はーちゃんねる』)の126万人。先週時点では、仲と川口はともに126万人で2位タイでしたが、頭一つ仲が抜き出ました。再生数を見ると、ここ3週間の川口の再生回数が10万~20万回であるに対し、仲は100万回のものがザラにある。名実ともにトップYouTuber・ヒカキンとのコラボ動画は、公開3日で160万回を記録しています」(芸能ライター)

 仲のYouTubeチャンネルの魅力は、“素”を全開放していることだ。夫・中尾明慶との共演は残念ながらないものの、“トカゲくん”と呼ぶ7歳長男や自身の姉妹、さらには両親までもが登場し、気取らない日々の様子を伝えている。撮影は自撮りで行われ、編集も自身で担当。そんな仲の動画で見られる「妙技」は、編集のテロップにあると話すのは、制作会社のスタッフだ。

「仲は、自分の発言に対してテロップでツッコミを入れているのが特徴的。たとえば、3月27日配信の動画『この人女優やめたの?徹夜で編集ルーティーンまじ地獄編
』では、仕事で深夜0時頃に帰宅すると、顔にできたニキビを見せながらピースサインを決め、『疲れすぎてよくわからないテンションになっている』とコメント。すると、この発言に自ら、“今回だけじゃなく毎回あなたよくわからないテンションですよ”とテロップを入れています。その後、フェイスパックを顔に貼ったまま、動画を編集しようしますが、寝る時間がないことや、加湿器に夫が水を入れておかなったことをカメラに向かってボヤき続けていると、“早く編集やれ”とテロップが。視聴者は、仲の素の姿とボヤキ、それに対するツッコミの、どちらも楽しめるようになっているのです」(同)

 また、この動画で仲は睡魔に何度も負けそうになりながら編集作業を続けているが、寝る間を惜しんででもYouTubeを公開しようとする執念には凄まじいものがある。動画を公開する理由は、本人いわく「爆買いするため」と、あからさまに語っているのも潔い。

 仲がYouTubeを開設したのは1年前の4月1日。この6日後、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が7都道府県に出され、日本は暗く重い日々を歩むことになったが、仲の動画でひとときでも心が軽くなった視聴者も少なくないだろう。

 本田翼は現在、生配信こそ頻繁にしているが、動画という意味では昨年の10月から一度も上げていない。デビュー以来、着実に実力と名声を手に入れてきた仲里依紗が次に手中に収めるのは、YouTubeの絶対女王の座かもしれない。
(村上春虎)

  • 4/21 10:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます