ブリーダーから買った『食欲旺盛』な小型犬 1年後、驚きの姿に!

拡大画像を見る

2020年、イギリスで暮らすティファニー・キングドンさんとパートナーのリアムさんは犬を家族に迎えることを決めました。

海外メディア『Mirror』によると、夫婦は犬のフード代などの経済的負担を考えると小型犬がいいと思い、ミニチュア・コッカープーを飼うことにします。

こうしてブリーダーの元を訪れた2人は、1匹のメスの子犬に一目ぼれしたのだとか。

ウィニーという名前の子犬は当時生後11週で、体重が4.6㎏。

母親であるコッカー・スパニエルにも会い、父親はミニチュア・プードルだと聞かされたといいます。

ウィニーはすでにマイクロチップを装着していたこともあり、何の問題もなく手続きが完了。ティファニーさんたちはウィニーを家に連れて帰りました。

What an amazing day! Me & Mum sang for all our friends and neighbours (socially distancing of course) at the end of Mums drive and what a ball we had! Happy VE Day! 🇬🇧

Tiffany Jeanette Kingdonさんの投稿 2020年5月8日金曜日

愛犬がどんどん大きくなっていく?

愛らしいウィニーを家族に迎えて大喜びのティファニーさん。しかし時が経つにつれて彼女の中である疑問が沸き上がります。

ウィニーはとにかく食欲が旺盛で、たくさん食べるのだそう。そして彼女の体はみるみると大きくなっていきます。

さらに生後6か月になった頃からは、ウィニーの手足がどんどん長くなっていきました。

「コッカープーってこんなに大きくなるの?」と不思議に思った彼女は、ウィニーを買ったブリーダーに連絡をしてみることに。

ところがブリーダーに送ったメールは届かずに戻ってきてしまい、そこで彼女たちは「騙された!」と気付いたのです。

そしてウィニーは1歳になる頃にはなんと体重が32㎏になりました!

Tiffany Jeanette Kingdonさんの投稿 2021年2月20日土曜日

DNA検査をした結果、ウィニーはミニチュア・コッカープーではなく、アイリッシュセッターとプードルのミックス犬だということが分かったといいます。

しかし、ティファニーさんたちはそんなウィニーのことが大好きなのだそう!

彼女はウィニーの1歳の誕生日、Instagramに「ウィニーは私の支えであり、親友。彼女は私が最悪の日でも朝ベッドから出る理由よ。愛してるわ!」とつづっています。

Tiffany Jeanette Kingdonさんの投稿 2020年12月31日木曜日
Tiffany Jeanette Kingdonさんの投稿 2020年12月31日木曜日

一般的にミニチュア・コッカープーの体重は約6㎏から8㎏ぐらいといわれています。

それが1年で32㎏にまで成長してしまったわけですから、さぞかし驚いたことでしょう。

ブリーダーに騙されてしまったおかげで、結果的にウィニーというかけがえのない家族に出会えたティファニーさんとリアムさん。

この運命の出会いを大切にして、これからも仲よく楽しく過ごしていってほしいですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 Tiffany Jeanette KingdonMirror

関連リンク

  • 4/21 12:29
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます